注目キーワード
  1. 掲示板
  2. 毛氈
  3. 錫杖
  4. 観音
  5. 曲録

お家の中に手を合わせる場所はありますか?

手を合わせる場所

皆さんのお家には手を合わせる場所はあるでしょうか?  
そして、その場所も重要なんです。

手を合わせる場所。
一般的には、神棚やお仏壇ですね。

あと、故人のお写真やお骨などを
タンスの上などに設置して
供養されている場合もあるのではないでしょうか。

まず、いずれにせよ、
お家に中に手を合わせる場所があると言うのは
素晴らしい事です。

次に考えるべきことは、
場所です。

どこに置くか?

どこに設置すべきかです。

簡単いうと、人が集まる場所に設置すべきです。

神棚も仏壇も同じです。

向き方向などは色々な考え方があり
風水で考えたり、本山の方向や
神仏の居場所を考えて据えることがありますが
一番大切なことは、やはり、お家のどこに設置するのかです。

もう一度言いますが、人がいつも集まる場所。

言い換えれば、
その家で一番大切な場所と言うことになります。

家を建てるときに、まず、
仏間や神棚をどこに設置するかで
設計をしていくことも昔はよくありました。

それは、
信仰とかの高次の宗教心と言うことよりも
家族の安穏を祈り、繁栄を願う気持ちが

安心すべき家に一番大切な場所に
祈りの場所を置いたのだと思います。

だから、仏間は、
お客様をお通しする大きい部屋や
家族が集まるリビングルームのような場所に
設置するべきなんです。

神棚も
荒神様や竈の神様、
水回りの神様などの目的のある神様は別ですが

仏間、仏壇と同じ考えで、
そのお家の一番人が集まる大切な場所に設置するべきなんです。

例えば、国民の幸せ度が
日本よりはるかに高いと言われる仏教国ブータンは、
日本よりも小さなお家が多いのにも関わらず
考えられないほど大きい仏間(仏壇)が
必ずと言っていいほど設置されています。

遠慮がちの目立たない場所でお祀りされている場合は、
少し、お考えになられた方がいいと思います。

祈りの場所は、本来、
そのお家を守っていただく要(かなめ)でもあり、
神仏のみならず、ご先祖様や懐かしい亡き人との
交流の場になるのですから。

もし、お家の仏壇などの設置場所で
疑問をお感じの方は、お問い合わせください。

ご事情をお聞きしてお答えさせていただきます。

お問い合わせ

稲田法輪堂では、心から落ち着いたと思っていただける安心をお届けしています。