故人の死後、7日目ごとに中陰の供養をし、
四十九日目に満中陰の法事を営むことが一般化しています。

『地蔵本願経』には、

「若し能く更に、身死して後、七々日の内に
衆善をなさば、能く諸の衆生をして永く悪趣を離れ、
人天に生ずることを得て勝妙の楽を受け、現在の眷も利益無量なるべし」

たとえ生前に悪行を重ねたものでも、その死後遺族が
七日七日のうちに善業をなせば、故人はその功徳を受けて
極楽の世界に往生することができ、遺族も同様の功徳を受けるといいます。