お公家さんの好まれた漆器などは、

〝京もの(京都製)〟の薄く軽いものだったそうです。

薄く軽く作るには、繊細な多くの工程の作業となり、使う方にとっても
他に比べて壊れやすいものですが、それでもお公家さんはその美しさを好まれました。