「蒔絵」と聞いて、どんなものが浮かびましたか?

最近は、転写などによるものも「蒔絵」といったりしていますが、

漆器の表面に漆で文様を描き、漆が乾かないうちに金銀粉を蒔き付ける
日本独自の装飾技法を、「蒔絵」といいます。

粉の種類からは、消粉蒔絵・平極蒔絵・本蒔絵(丸粉蒔絵)に分類され、
工程の上からは、平蒔絵・研出蒔絵・高蒔絵に分類されます。

蒔絵に使われる金粉です。

蒔絵 金粉

金粉の一部ですが、粗さなどの違いがあるのがわかります。

京都蒔絵師工房・蒔絵のバリエーション


↑ ↑ ↑
これは、蒔絵のバリエーション です。
どれも、蒔絵の商品として製品となるものです。

右から左にいく程、 蒔絵の工程を多く重ねられています。
一番左が、一番多く工程を重ねられた蒔絵です。

完成とするには、2、3工程で出来る簡単なものから
何十工程もかけて仕上げとする方法まであり、
手間をかけて良いものを作ろうと思えば、どこまでもできるというのです。

蒔絵入りの過去帳です。

makie-kakotyo04a.jpg

金粉も数種類使い分けられ、色も入り
蝶貝や鮑貝の螺鈿も入っているのがわかります。

文様のすべてが、漆に金属粉を沈めたり
炭を蒔きつけられ盛り上がっています。
 

蒔絵師がおっしゃった言葉です。

「自然の漆を接着剤、塗料、絵具として用い、
金粉や銀粉を数百種類も使って繊細な表現をする
蒔絵は、有機質と無機質という相反する性質のものが
融合する日本独自な技法です。それが荘厳具というにふさわしく
重厚感などを感じさせる融合した素晴らしいものです。
そのことを大事にしていきたいし広めたいと思っています。」


蒔絵入りの仏具の在庫確認の
お問い合わせをお客様より頂くのですが、

大量生産ができるものではなく
漆の乾き具合が重要でお日にちがかかるため
仕上がりまでお待ち頂くこととなります。

ご注文頂いた一品一品
すべて手作業で、丹精込めて製作されます。
ご理解頂けますようお願いします。

法輪堂ドットコムの蒔絵のレポートは、こちら

「京都蒔絵師工房訪問記」 
「京都国立博物館 japan蒔絵」観覧日記 

京仏具とは
https://www.e-horindo.com/info/horincontents/mindful/kyoubutugupost.html


漆塗りの ‘立塗’と、研磨する’呂色仕上げ’
https://www.e-horindo.com/info/horincontents/mindful/urusinuripost.html

香木ができるまで
https://www.e-horindo.com/info/horincontents/mindful/koubokugadekirumade.html


人工栽培された香木
https://www.e-horindo.com/info/horincontents/mindful/jinkoukoubokupost.html


漆とカシュー塗料
https://www.e-horindo.com/info/horincontents/mindful/urusikasyutoryoupost.html


11月13日は、漆の日
https://www.e-horindo.com/info/horincontents/mindful/urusidaypost.html