難しく考えないでください。

お仏壇を迎えたり、供養の場所をつくられた場合に
ほとけさまや故人の供養をちゃんとしたいって考えている方は
多いと思います。

また、したくても、お仏壇屋さんとかに聞きに行くのは
面倒だと思われているかもしれません。 

そこで、
基本のお祀り(供養)の方法(特に仏具の置き方)を
ご説明したいと思います。
是非ご参考になさってください。

正しいお祀りの仕方は、基本を押さえていれば
難しくありません。

宗派ごとのきまりなどは今回除きます。

宗派別仏壇飾り一覧(宗派の豆知識) ※参考までに

とりあえず、2点だけ押さえて下さい。

【本尊のお祀り】と【三つの御供(供養)】
あくまでも日本の仏教での供養の話ですよ!

1.本尊のお祀り

これは、必須です。
あたりまえでは?という声も聞こえますが、

意外に日常様々なケースに関わっていると
本意ではない、仏様をお祀りしている場面に出くわします。

また、位牌もしくは過去帳しかない事もあります。
過去帳は本来、手を合わせるものではありません。

ですので、無宗教ならいざ知らず、

ご本尊様をお祀りして
亡くなられた方のご供養をするべきです。

では、次をご覧ください。

それぞれ、宗派の本尊様がおられます。

真言宗 :大日如来
禅宗  :釈迦如来
日蓮宗 :法華曼荼羅、三宝尊、日蓮聖人
浄土宗 :阿弥陀如来(舟型光背)
浄土真宗:阿弥陀如来(西型・東型)

お仏像では無くてもいいですよ、掛軸や折畳本尊でも大丈夫です!

掛軸

折畳本尊

あと、ご自分が信仰されている仏様でも
わかっておられれば、良いかと思います。
(例えば、観音菩薩や薬師如来など)

ご本尊さまは大切です。
(とりあえずは、ご本尊のみでいいです。)

というのも、

亡くなられた方々は、それぞれの信仰される
仏さまに浄土(極楽)に導かれたり、
次の生が良いものになる様にしていただけるからなのです。

そして、
ご本尊様の左右横もしくは1,2段下げて
位牌などを置くべきです。

2.三つの御供(供養)

三つの供養とは、「灯」と「香」と「花」。

・灯:ろうそくの明かり。

仏法の智慧の光を表します。

ローソク立が必要です。

・香:お線香や焼香での香り。

その場の空間を清浄化します。
又は、香食といって、亡くなられた方が、浄土に行く道すがら
食べる食物になったり、この世にいる精霊がその香りを食する
事により善行となり、それが果報となり、亡くなられた方や
お供えした人が功徳を得るというものになります。

机上香炉(きじょうこうろ)が必要です。 

・花:仏の徳たたえるお花です。または、枯れる事などを見て無常を
感じたり、仏像修行における波羅蜜(忍辱)の修行を表してい
るものとされています。

お花立が必要です。

三具足

ローソク立、机上香炉(きじょうこうろ)、お花立の

三つを合わせて
“ 三具足(みつぐそく) ”と言います。

この三つは重要だと思いませんか?

ローソク立とお花立は一個づつで良いですよ。

三具足

ただし、並び方があります!!!

こちらから(手を合わせえる人から)向かって、

右から
・ローソク立
・机上香炉(きじょうこうろ)
・お花立
あと、お水やお茶の飲み物やご飯や故人がお好きだったものは
適宜、好きなようにしてください。

どうでしょうか?

こう書いてみると、たくさんあるようですが、
いざ、並べてみると簡単なものです。

これから、ご供養の場所を作る方も
既にお仏壇や供養の場所のある方も、
チェックしてみて下さいね!

もし、わからないことなどがありましたら
お気軽にお問い合わせください。^_^

お問い合わせ

稲田法輪堂では、心から落ち着いたと思っていただける安心をお届けしています。