注目キーワード
  1. 掲示板
  2. 毛氈
  3. 錫杖
  4. 観音
  5. 曲録

「気づき」の方法

稲田法輪堂では、心から落ち着いたと思っていただける安心をお届けしています。

気づき

35度以上の真夏日の日数も多くなっています。

この暑さ。

どうやら根性だけでは乗りけれないようですよ。
無理をせずにたくさん水分を補給して
クーラーがある所で休息しましょう!

そこで、これから迎えるお盆ですが

体をいたわりつつせっかくですから
ご先祖様やほとけさまへの供養、祈りとともに
気づきを行ってみませんか?

「気づく」ということは、
仏教の教主であるお釈迦さまが実践されてきた行の一つです。

簡単です。

お盆で気づく

この暑さ熱く感じるということ
水分を飲んで癒されるということ
クーラーの効いたところで感じる涼しい感じ

こういった現象を
自分の体に起こっていること感じることを
丁寧に観るだけなんです。

自分の肉体が感じたことによって、
こころはどう思うか?

普段人間は、とらえてしまう周りの情報量が多すぎて、
意識しなかったら
一つ一つの動作を無意識で行っています。

それをこの機会に丁寧に観察してみるんです。

その結果、いつもと違う感じで心が落ち着く感覚があれば
成功ではないでしょうか。

お盆に気づきで心の静寂を作ってみて下さい。