臨終後四十九日間を中陰と呼び、
七日ごとに法要を営み、亡き人を供養します。

この四十九日間は死して後、
次の生を受けるために必要な期間であり、
七日ごとに冥界の十王(閻魔大王もこの中に含まれる)の裁きを受け、
その日ごとに供養することで、亡き人に追善を行います。

中陰の間は中陰壇を設け、白木の位牌をお祀りします。
また、お仏壇の購入や買い替え、
修理のことなどもこの期間までに考えるようにすると良いでしょう。

三十三回忌までは十三の諸仏をあてて、
この掛け軸をお祀りし、供養することもあります。

初七日しょなぬか・
しょしちにち
死亡日を含めて七日目不動明王
二七日ふたなぬか・
にしちにち
死後十四日目釈迦如来
三七日みなぬか・
さんしちにち
死後二十一日目文殊菩薩
四七日よなぬか・
ししちにち
死後二十八日目普賢菩薩
五七日いつなぬか・
ごしちにち
死後三十五日目地蔵菩薩
六七日ななぬか・
ろくしちにち
死後四十二日目弥勒菩薩
七七日しじゅうくにち・
しちしちにち
死後四十九日目薬師如来
百か日ひゃっかにち死後百日目観音菩薩
一周忌いっしゅうき一年後の命日勢至菩薩
三回忌さんかいき亡くなった年を入れて三年目の命日阿弥陀如来
七回忌ななかいき亡くなった年を入れて七年目の命日阿閦如来
十三回忌じゅうさんかいき亡くなった年を入れて十三年目の命日大日如来
十七回忌じゅうななかいき亡くなった年を入れて十七年目の命日
二十三回忌にじゅうさんかいき亡くなった年を入れて二十三年目の命日
二十七回忌にじゅうななかいき亡くなった年を入れて二十七年目の命日
三十三回忌さんじゅうさんかいき亡くなった年を入れて三十三年目の命日虚空蔵菩薩
五十回忌ごじゅうかいき亡くなった年を入れて五十年目の命日
大切なお仏像をお届けいたします。
繊細なお仏像のお取り扱い
法輪堂がご紹介するお仏像