2010年

1/3ページ

「ポスター天国 サントリーコレクション展」【サントリーミュージアム[天保山]】

サントリーミュージアム[天保山]の 最後の企画となる展覧会「ポスター天国」に行ってきました。 ポスター天国 サントリーコレクション展 大阪市 サントリーミュージアム[天保山] 2010年11月13日(土)~12月26日(日) ポスターの歴史的名品を揃えたグランヴィルコレクションとの 出会いがきっかけとなって収集により充実した作品群の中から、 精選された約400点を展示されています。 展示は、「18 […]

【京都】今宮神社とあぶり餅 拝観日記

京都版の旅行情報誌などで よく紹介されている「あぶり餅」。 ようやくお店が開いている時に来れました。 あぶり餅 食べることで病気・厄除けの御利益があるとされているそうです。  小さい一口で、お上品に食べることができますが 1人前を食べた後は、さすがはお餅。 お腹はしっかり満たされていました。 お土産用もありました。 包み方が、なんだか嬉しい形をしています。 これは、下にお味噌が溜まった状態で お持 […]

東大寺展

光明皇后1250年御遠忌記念 特別展「東大寺大仏―天平の至宝―」が、 東京国立博物館にて10月8日(金)から12月12日(日)まであります。 大仏殿の前にある八角燈籠が、 東京で展示されると聞いた時は 「あの大きな固定されているかのような燈籠が動くのか。」と驚きでした。 「金銅八角燈籠」は、総高462cm。 奈良時代8世紀の工芸品で 現存する最古の金銅製燈籠です。 火を入れる部分である火袋の各面に […]

【京都】来迎院 拝観日記

三千院に向かう石段前横に このような看板があります。 ↓ 来迎院 天台宗に属し、慈覚大師の開祖 聖応大師の中興による大原魚山声明の本山である 本尊(薬師如来・釈迦如来・彌陀如来)藤原時代 重要文化財 脇侍 毘沙門天、不動尊(藤原時代 後期代)前卓(鎌倉彫りの初期作)梵鐘(鎌倉時代作) 聖応大師(融通念仏宗開祖 自作)御木像聖応大師三重石塔(重要美術文化財)   看板の矢印の方向に少し進ん […]

三千院 拝観日記

京都大原 三千院に行ってきました。 三千院御殿門 【客殿】には、 蒔絵を施されたお道具の数々が色々展示されていました。 「何故、蒔絵を施されたものが多くあるのか。」と 不思議に思いつつ見せて頂いてきました。 帰ってから、パンフレットを読んでみると 「豊臣秀吉が禁裏修復の余材をもって修復されました。」 (禁裏 ・・・ 天皇の住居。皇居。禁中。御所。) 蒔絵といえば、豊臣秀吉の正室である北政所が 秀吉 […]

特別展 仏像修理100年

奈良国立博物館での 特別展「仏像修理100年」 (2010年7月21日~9月26日) に行ってきました。 国や県などの指定文化財となった仏像は、 従来からの信仰の力とともに、 貴重な文化遺産を守るという考えのもとで 修理されています。 いわゆる文化財の保存修理です。 その始まりは、古社寺保存法が制定された翌年 明治31年(1808年)に遡ります。 その歴史は修理文化といってもよい程に内容が豊富です […]

なら仏像館開幕記念 特別展「至宝の仏像 東大寺法華堂金剛力士像特別公開」

重要文化財「旧帝国奈良博物館本館」は、 「なら仏像館」の名で生まれ変わりました。 なら仏像館開幕記念 特別展 「至宝の仏像 東大寺法華堂金剛力士像特別公開」 (2010年7月21日~9月26日)に行ってきました。 東大寺法華堂の国宝・脱活乾漆金剛力士像をはじめとする名像の数々が展示されました。 似ていると思った出会い 「聖観音菩薩像」「十一面観音菩薩像」など並んでおられる中、 「どこかで観た覚えの […]

【奈良】氷室神社の純氷

氷室神社の本殿に行くと、    舞台の前に 純氷が置かれていました。     この純氷は、何なのか 何をするのかこちらの氷室神社のページで是非ご覧ください。 (TOPページからは、揺れている旗のイラストをクリックします。) ≫ 氷室神社 「純氷の説明のページ」 ■ 「氷室神社」 公式サイト ≫ ——————̵ […]

特別展 水木しげる・妖怪図鑑

兵庫県立美術館における 『特別展 水木しげる・妖怪図鑑』へ、行ってきました。   「ゲゲゲの鬼太郎」など妖怪漫画のヒット作で知られる水木しげる。 今日私たちが思い浮かべる妖怪のイメージは、 大部分を彼の作品に負っているといってよいでしょう。 水木しげるの画業60周年と米寿を記念して開催される同展は、 長年に渡って描き続けた妖怪画にスポットを当てる展覧会です。   1000点以上に及ぶ原画 […]

フィギュアの系譜展 土偶から海洋堂まで

京都国際マンガミュージアムでの 「フィギュアの系譜展 土偶から海洋堂まで」に行ってきました。  いまやコンビニなどで日常的に目にする「フィギュア」。 現在、日本のフィギュア文化は、「オタク」カルチャーを飛び越えて、 世界のアートシーンでも大変高い評価を受けています。 この「フィギュア」を作り愛でる文化は、 太古の土偶や埴輪、お茶の間に飾られているこけし、 子どものころ遊んだ「リカちゃん人 […]

1 3