聖徳太子

【奈良】松尾寺 レポート

奈良県大和郡山市の 東明寺、金剛山寺(矢田寺) そして松尾寺に来ました。 矢田丘陵の名刹 補陀落山 松尾寺 日本最古の厄除霊場 『日本書紀』の完成を祈願して 山腹に建立された厄除け観音の寺 天武天皇の皇子舎人親王が、 『日本書紀』の編纂成就と42歳の厄除けを祈願して 718年(養老2)に建立したと伝えられ、 長く修験道の拠点として栄えたことから、 役行者像や金銅金具で装飾した 山伏笈(重文)など関 […]

【大阪】四天王寺 レポート

聖徳太子が戦勝祈願の 四天王像を祀った寺「四天王寺」。 四天王 四天王 四天王とは、仏界を守護する神で 東方は持国天、南方は増長天、 西方は広目天、北方は多聞天が守る。 『金光明最勝王経』には、 四天王は国家を鎮護し、外敵・天災を除き 民生の平安を守ると説かれている。 金堂本尊は、 聖徳太子の本地仏である救世観音像であり、 四天王像はその須弥壇の四方に安置されている。 中門(仁王門) 番匠器名号 […]

【奈良】信貴山 朝護孫子寺で如意宝珠の戒壇巡り レポート

紅葉の信貴山朝護孫子寺へ行ってきました。 【信貴山】 信貴山真言宗の総本山。 信貴山歓喜院朝護孫子寺(ちょうごそんじ)と号し、信(志)貴山寺ともいう。 聖徳太子が物部守屋を討つためにこの山に来て戦勝を祈願すると、寅の年、寅の日、寅の刻(午前4時ごろ)に毘沙門天を感得し、その加護によって勝利を得た。太子はここに自刻の毘沙門天像を祀り「信ずべき、貴ぶべき山(=信貴山)と名づけたという。 平安時代、醍醐 […]

『忍性 -救済に捧げた生涯-』展 レポート【奈良国立博物館 】

「救済に捧げた生涯」…副題になっているということはどのような展示になっているのかと興味を膨らませつつ「忍性展」へ行って来ました。 内容は、個人的なツボにドストライクの展示となっていてテンションが上がりっぱなしでした。最初からネタバレいいですか?大きな展示室でかなりの距離はあるものの忍性菩薩坐像の展示から始まり、その向かい合わせには行基菩薩坐像があるのです!この演出は、にくいですね。ドス […]

【奈良】 橘寺 レポート

聖徳太子誕生の地の寺 橘寺に行って来ました。     橘寺 厩戸皇子(聖徳太子)生誕の地とされ、皇子建立の七ヶ寺の一つ。 この地は太子の出生地で、太子ゆかりの多くの宝物を蔵していた。 平安時代の『南都七大寺巡礼記』には、橘寺に金堂・講堂・五重塔などがあったと記され、発掘調査により東西に軸線をもち、中門・塔・金堂・講堂が一直線に並ぶ四天王寺式の大伽藍跡が確認された。 昔は法相宗で […]

【大阪】愛染堂 勝鬘院 拝観日記

聖徳太子が開いた施薬院に始まると伝えられる 愛染堂 勝鬘院へ行って来ました。 西国愛染十七霊場第1番札所 593年 聖徳太子創建 豊臣秀吉再建 金 堂 金堂は、聖徳太子によって創建 徳川秀忠の手によって再建。 本尊・愛染明王 薬師如来・勝鬘夫人(弁財天)・歓喜天・十一面観音 十一面観音は、十一面観音坐像でした。 聖徳太子が勝鬘経というお経を人々に講ぜられ 勝鬘経に登場する勝鬘夫人の仏像を 本堂にま […]

【大阪】叡福寺 拝観日記

聖徳太子の御廟のある「叡福寺」に行ってきました。 聖徳太子の生母の 穴穂部間人(あなほべのはしひと) 聖徳太子 妃の膳部大郎女(かしわべのおおいらつめ) を葬られた御廟を護るため 推古天皇により建てられました。 仁王門 門を入ると とても広い境内です。 まっすぐ向こうに、御廟のある二天門が見えます。 まずは、仁王門を入って左側の 多宝塔 金堂 ご本尊は、如意輪観世音菩薩 御廟へと進みます。 御廟 […]

「聖徳太子ゆかりの名宝 河内三太子」展 レポート【大阪市立美術館】

大阪市立美術館の「聖徳太子ゆかりの名宝 河内三太子 叡福寺・野中寺・大聖勝軍寺(4月26日~6月8日)」に行って来ました。 河内三太子 聖徳太子ゆかりの寺院であり 「河内三太子」と称される 叡福寺・野中寺・大聖勝軍寺に伝わる 宝物約120点が展示されています。 聖徳太子絵伝 「聖徳太子絵伝」は、11点。 太子の伝記を『聖徳太子伝暦』に基づき 各画面が絵画化されたものです。 例をあげば、 母妃が太子 […]

【奈良】法隆寺 夢殿秘仏 春季救世観音特別開扉2007年

奈良の空気に触れたく、久々に奈良へ出掛けました。 足が向くまま法隆寺へ。 法隆寺 奈良県生駒郡斑鳩の里に建つ聖徳宗総本山法隆寺。 1993年(平成5) 日本で最初にユネスコの世界遺産に登録された寺。 法隆寺は、 聖徳太子が用明天皇の病気平癒を願って造営したもの。 法隆寺は、 五重塔や金堂のある西院伽藍と 夢殿を中心とする東院伽藍に分かれる。 西院伽藍は、塔と金堂が左右に展開する 「法隆寺式」とよば […]

【大阪】ゆったりが、四天王寺「大日如来・十一面観音菩薩が帰山」

荒陵山敬田院 四天王寺 聖徳太子が創建した日本最初の官寺 聖徳太子が戦勝祈願の四天王像を祀った寺 587年(用明天皇2)、仏教の受容と皇位継承をめぐり蘇我氏と物部氏が対立、太子は蘇我馬子とともに物部守屋らと戦った。そのとき太子は、白膠木の木で四天王像を造り、仏の加護を祈願した。 戦いに勝利した太子は、593年(推古天皇1)、難波の荒陵に御大規模な伽藍を造営。四天王寺のはじまり。 平安時代、最澄の来 […]