西国三十三所

『聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─』 レポート【京都国立博物館】

京都国立博物館での『聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─』に行って来ました。 予定より延期となった特別展。 2008年にあった奈良国立博物館の特別展とどのように違うかも楽しみ。 検温は、手首で非接触の検温。 音声ガイドも誘導されてセルフ装着。   西国三十三所 草創1300年記念 特別展 聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─ 2020年4月11日(土)~ 5月31日(日) 2 […]

【和歌山】粉河寺 レポート

ご本尊は絶対秘仏であり、裏観音様は京都国立博物館の特別展に。お留守と知りつつ、いや特別展で見せていただいたからこそ気になったのか、その粉河寺に行きたくなったのでした。 粉河寺   粉河観音宗総本山 本尊 「千手千眼観世音菩薩」 西国三十三所 第三番 厄除観音 風猛山と号し、 正式には補陀落山施音寺。 国宝「粉河寺縁起」によれば、770年(宝亀1)、猟師の大伴孔子古の創建。大伴孔子古が殺生 […]

「写真と仏画で巡る 西国三十三所」展レポート【奈良国立博物館】

奈良国立博物館の特別展「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」の 観覧が終わり売店・出口に方向に歩いていくと、 「写真と仏画で巡る 西国三十三所展」がありました。 西国三十三所毎のご本尊の掛け軸の絵と 寺院の写真が2・3枚ずつ展示されていました。 3ヵ所ほどの寺院を見て 「これは、以前ブログに〔絵によるご開帳〕と書いた その原画本物の展示ではないか?」 と思い出しました。 このような形で実際に目にする […]

【奈良国立博物館】特別展「西国三十三所 観音霊場と祈りの美」レポート

いつもこの道を通って博物館に行きます。 「奈良に来たな。」と、ここでしみじみ味わいます。 【東大寺 南大門】 (国宝建造物) 奈良国立博物館の特別展「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」に行って来ました。 展示期間が、前期・後期と、1・2・3期に分けられている展示品があります。 観覧出来た日は、後期で2期にあたりました。 西国三十三所は、奈良時代に奈良・長谷寺を開いた 徳道上人によってはじめられたと […]