琳派

「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」展 レポート【京都国立博物館】

二巻の絵巻物が37枚に切断された歌仙絵が集結するという京都国立博物館の特別展『佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美』を観てきました。 「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」 京都国立博物館 2019年10月12日(土)~11月24日(日) 《佐竹本三十六歌仙絵》全37件のうち、過去最大31件集結! 三十六人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品『佐竹本三十六歌仙』。かつて二巻の絵巻物だったこの作品は […]

『琳派 京を彩る』展  レポート【京都国立博物館】

「琳派展」。行く予定が遅くなり、気がつけば会期が終わってしまうと気がつきギリギリ終盤に行って来ました。俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の「風神雷神図屏風」の3対が揃って展示される期間(2015/10/27~11/8)があったとテレビの特集で知ったのですが、これは間に合いませんでした。 琳派ってなんでしょう?「琳派とは、江戸時代に現れた装飾的な作風を特色とする、俵屋宗達、尾形光琳・乾山、酒井抱一といった […]