京都 神社

2/3ページ

【京都】下鴨神社 拝観日記&大炊殿 ・御車舎公開

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)、 通称・下鴨神社へ行ってきました。 平成6年に、世界の文化財として ユネスコ(国際連合・教育・科学・文化機構)の 世界文化遺産条約に登録されました。 鳥居へ続く道の両脇に 大きな樹木・植物などに囲まれて歩く 「糺(ただす)の森」を通り 下賀茂神社へと進みます。 石拾神事 生石御祓い場 京の七不思議 連理の賢木 縁結びの御神木 2本の木が途中から1本に結ばれている […]

【京都】石清水八幡宮 行ってきました

「やわたのはちまんさん」と 親しみの響きある名前で呼ばれる 「石清水八幡宮」に行ってきました。 京都の裏鬼門を守護する神社です。 石燈籠が並んでいる真っ直ぐ先に見えてきました。 【南総門】です。 南総門 南総門をくぐると、左側に 神楽殿 【神楽殿】にて、 八幡大神様のお力のこもった「八幡御神矢」を受けられます。 まず、御神矢を巫女さんに渡すと 巫女さんが後ろの太鼓などにあわせて 御神矢を持ちながら […]

【京都】伏見稲荷楼門

  今年も、伏見稲荷大社に 年始のご挨拶に行ってきました。 伏見稲荷大社の楼門は、年末に化粧直しが終わったばかりです。 江戸時代中期に設置された「かえるまた」が取り外され、 建設当初の姿に戻りました。 楼門は、 安土桃山時代に豊臣秀吉が 母の病気平癒を祈願して寄進したと伝わっているそうです。 伏見稲荷大社の楼門 (2011年1月 撮影) 2008年の初詣の時の「伏見稲荷大社 楼門」 ↓  […]

【京都】今宮神社とあぶり餅 拝観日記

京都版の旅行情報誌などで よく紹介されている「あぶり餅」。 ようやくお店が開いている時に来れました。 あぶり餅 食べることで病気・厄除けの御利益があるとされているそうです。  小さい一口で、お上品に食べることができますが 1人前を食べた後は、さすがはお餅。 お腹はしっかり満たされていました。 お土産用もありました。 包み方が、なんだか嬉しい形をしています。 これは、下にお味噌が溜まった状態で お持 […]

【京都】伏見稲荷大社 初詣2010年

初詣は、地元の次には 恒例の京都 伏見稲荷大社 お稲荷さんに行きます。 毎年と同じぐらいの時間に着きましたが、 少し多めの人出のように思います。 左右の露店が並んでいてとても賑やかです。 稲荷大神様のお使い(眷族) 稲荷大神様のお使い(眷族)は、 きつねとされています。 達成のかぎ 楼門の前の向かって左側のきつねは、 カギをくわえています。 「達成のかぎ」だそうです。 東丸神社 楼門をくぐり、向か […]

今宮神社ちかくに寄り道

今宮神社は、西陣の八百屋の娘から徳川綱吉の生母となった 桂昌院にちなんだ「玉の輿お守り」が有名です。 今宮神社の参道名物で、 独自のタレのかかった小さい御餅「あぶり餅」があります。 ずっと気になっていたので、 帰り道に足を伸ばしてみました。 もう、お正月準備が出来ていて 虎の絵馬の看板がありました。 しかし、なんだか周辺は人気がない様子。 すると、 なんと、お店屋さんは年始準備で16日からお休みだ […]

初詣 2009・伏見稲荷

六波羅蜜寺のあと 伏見稲荷大社へ行きました。 伏見稲荷大社の中の 東丸神社でお参りし、 本殿への列に並びました。 並んでいて 鈴に行くまでの上をふと見てみると しめ縄の様に見えていたところ いっぱいに実った稲穂が下がっていました。 お稲荷さんだからでしょうか。 帰り道、年賀の八つ橋の生菓子をお土産にしました。 白とピンクの牛です。 東丸神社  (あずままろじんじゃ) 江戸中期の国学者で伏見稲荷大社 […]

08 伏見稲荷大社 初詣

毎年2日には、京都の伏見稲荷大社におまいりします。 今年は朝から出掛けたのですが、人がいつにもなして多かった様に思いました。 端の列に並びましたがなかなか前に進まず、 ふと上を見上げると並んでいる鈴がとても綺麗できらきらしていました。 山の上まで登りますが、途中で人が少なくなる筈が 上まで人が多かったように思います。 今年は暖かく、お天気も少し安定していたからでしょうか。

【京都】年の初めに(伏見稲荷大社・六波羅蜜寺)

毎年恒例の京都・伏見稲荷大社 伏見稲荷大社 おもかる石 有名な「おもかる石」に初めて家族が挑戦しました。 感じる重さが 自分が予想していたよりも軽ければ 願い事が叶い 重ければ叶わないとする 試す石だそうです。 さて、願い事は叶うでしょうか。 山頂近くの白長大神に向かいます。 途中休憩場所である仏さまの有難いお話を知りました。 (毎年お目にかかっていてその場限りのものになっていたのですね。) 烏枢 […]