美術

1/4ページ

『国宝の殿堂 藤田美術館展』 レポート【奈良国立博物館】

あの“曜変天目茶碗”・“地蔵菩薩立像”が とうとう目にすることができると楽しみの 『国宝の殿堂 藤田美術館展』に行ってきました。 藤田美術館蔵 国宝 全9件を公開 「国宝の殿堂 藤田美術館展」 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき 2019年4月13日(土)~6月9日(日) 奈良国立博物館 大阪市の中心部にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵す […]

「みんなのミュシャ」展 レポート【京都文化博物館】

京都文化博物館での 「みんなのミュシャ」展に行ってきました。 “みんなの”って? 気になるような、楽しそうな。 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術 京都文化博物館 2019年10月12日(土)~2020年1月13日(月・祝) アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、「線の魔術」ともいえる華やかな作品は、没後80年経った今なお、世 […]

「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」展 レポート【京都国立博物館】

二巻の絵巻物が37枚に切断された歌仙絵が集結するという京都国立博物館の特別展『佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美』を観てきました。 「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」 京都国立博物館 2019年10月12日(土)~11月24日(日) 《佐竹本三十六歌仙絵》全37件のうち、過去最大31件集結! 三十六人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品『佐竹本三十六歌仙』。かつて二巻の絵巻物だったこの作品は […]

【京都】福田美術館 開館記念 福美コレクション展 レポート

京都・嵐山に10月開館した福田美術館。 開館記念「福美コレクション展」にいってきました。 渡月橋の近くにある美術館です。 福田美術館 福田美術館のパンフレットの中に ↓ 次なる日本へ、残すべきものがある。 そして 福田美術館は、江戸時代から近代にかけての、主要な日本画家の作品で構成されるコレクション約1,500点を有しています。「たとえ美術に詳しくない方が見ても、感動を与えられるような」作品がコン […]

「仏教美術のいきものがたり」展 レポート【龍谷ミュージアム 】

ほとけや神に寄り添っている“いきもの” という特別展があるということで 京都・龍谷ミュージアムに行って来ました。 シリーズ展3 「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」 特集展示: 仏教美術のいきものがたり 龍谷ミュージアム 2019年1月9日(水)~2月11日(月・祝) 2019年2月16日(土)~3月24日(日)   シリーズ展では、 インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり、 日本 […]

『ボストン美術館 浮世絵名品展 鈴木晴信』 レポート

  あべのハルカス美術館の「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」に行って来ました。ありがとうございます。 現存する春信作品の8割以上が海外に所在。 日本で展覧会を開くのが最も難しい浮世絵師の貴重な作品が展示されています。 特筆される保存状態。 美しい色彩を誇る世界一の春信コレクション。 『ボストン美術館 浮世絵名品展 鈴木晴信』2018年4月24日(火)~6月24日(日) あべのハルカ […]

京都国立近代美術館『技を極める』ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 展 レポート

  京都国立近代美術館の『技を極める』ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 展に行って来ました。 フランスの宝石ジュエリーの高級ブランド、ヴァン クリーフ&アーペルの作品と日本の伝統工芸作品の数々の饗宴です!技を極めると聞けば工芸の技。けれどハイジュエリーがどのようにと想像できないまま行ってまいりました。 『技を極める』 ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリ […]

『琳派 京を彩る』展  レポート【京都国立博物館】

「琳派展」。行く予定が遅くなり、気がつけば会期が終わってしまうと気がつきギリギリ終盤に行って来ました。 俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の「風神雷神図屏風」の3対が揃って展示される期間(2015/10/27~11/8)があったとテレビの特集で知ったのですが、これは間に合いませんでした。 琳派ってなんでしょう? 「琳派とは、江戸時代に現れた装飾的な作風を特色とする、俵屋宗達、尾形光琳・乾山、酒井抱一とい […]

豪華すぎる『白鳳展 -花ひらく仏教美術-』 レポート【奈良国立博物館】

「白鳳展」のチケットを頂き、ありがたく行って来ました。 白鳳時代とは、奈良時代より昔の時代! 天智天皇・持統天皇・天武天皇の活躍した時代。 その天武天皇が「家ごとに仏舎を作って礼拝供養せよ。」という詔を下した方です。 この時代から各家庭で仏壇をすることが始まったのですね。 遣唐使よりも昔の時代なのに、もうすでにこんなに立派な寺院や、素晴らしく仕上がった仏教美術で展開されていたということに見せつけら […]

『鳥獣戯画と高山寺』展 レポート【京都国立博物館】

修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺 2014(平成26)年10月7日(火)~11月24日(月・休) 京都国立博物館 マンガのルーツと見なされ世界的に知られている国宝「鳥獣人物戯画」四巻は、 平成21年(2009)から平成25年(2013)3月をもって無事修理が完了しました。 修理後の国宝「鳥獣人物戯画」四巻を初めてお披露目し、合わせて明恵上人 ゆかりの高山寺に伝わる名宝の数々を公開するものです。 […]

1 4