【京都】仁和寺 観音堂の観音障壁画 初公開 レポート

【京都】仁和寺 観音堂の観音障壁画 初公開 レポート

京都・仁和寺の観音堂の公開に行って来ました。

金堂の「五大明王壁画」公開の時には、
まだ観音堂からトントンという
修理の音が響いていました。

こんなに早くに
今まで公開されなかった観音堂が
公開される機会があったとはなんと幸運。

新元号「令和」の看板

五重塔の前にある新元号「令和」の看板も
しっかり撮ってきました。

観音堂や金堂への道のそばにあるので
すぐ見つけられました。

仁和寺観音堂落慶

観音障壁画 初公開

2019年5月15日~7月15日、7月17日~9月1日、9月7日~11月24日

928(延長6)年頃に造営され、
江戸時代初期(1640年頃)に再建された観音堂

重要な儀式が行われる修行の場で、通常は非公開。
約6年にわたる半解体修理がこのほど完了。

木村徳応らが再建時に柱や壁に極彩色で描かれた
「三十三応現身図」や「六道図」の障壁画も鮮やかに残されています。

角塔婆に結ばれた紐

観音堂の前にある角塔婆には、
堂内の本尊 千手観音菩薩像の手と繋がっているそうです。

観音堂 (重要文化財)

本尊に千手観音菩薩像を、
その両脇に不動明王・降三世明王明王像、
眷属として二十八部衆像、雷神・風神像の
33体の仏像がまつられています。

仏像群の両側から背後まで取り囲むように
観音信仰を描いた10面の障壁画。

人が輪廻転生するとされる六道の世界や、
三十三観音菩薩などが極彩色で描かれている。

観音堂も金堂のように
須弥壇に仏像がならんでおられますが、

広さも堂内の空気感も
金堂とまったく違って
とてもやわらかく感じました。

今まで公開されなかった修行の場で、
観音様だけでなく地獄道も描かれているのに

堂内の印象は意外に思えました。

しかしよく考えると、

観音堂内荘厳は
本尊千手観音像を中心に

観音菩薩の本質とはたらきを総合的に表現した
「観音尽くし」あるいは「観音曼荼羅」とも称するべきもので…

という説明と、受けた印象と
同意なのかもしれないと思います。

正面で説明を聞かせていただいたあと
観音障壁画の場所に移動する時に、

須弥壇の横からみる
二十八部衆像に感動でした。

観音障壁画は、
上段と下段に描かれていて
なにを描かれているのか想像しながら
ぐるりと観せていただきました。

どの観音様で、なにの場面だったのか
どんな配置でまつられているのか
「三十三体のみほとけと幻の観音障壁画」
という嬉しい冊子が売店で販売されていました。

護符と散華と絵ハガキという記念品をいただきました。

御室桜の実?

観音堂の前に植わっている御室桜でしょうか?
赤や黒の実がなっていました。

 

関連記事:【京都】仁和寺の五大明王壁画 初公開に行って来ました。

 

ブログ更新をメールで受け取る
メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。


 


The following two tabs change content below.
仏壇屋「稲田法輪堂」。仏具・密教法具のネット販売「法輪堂ドットコム」。プロフィール写真は店主。拝観日記はヨメが書いております。