お寺・神社・博物館・美術館にて【法輪堂の拝観日記】

知多半島の海にたつ“聖崎上陸大師像(弘法大師)” レポート

海にたつ“聖崎上陸大師像(弘法大師)”
2019年

“知多半島の海にたつ弘法大師像がある”ということで行って来ました。

場所は、
“聖崎公園”の駐車場に着くと
もう目の前のに見えました。

聖崎公園の山頂に展望台が。
まずは登っていきましょう。

聖崎公園

稲荷大明神

石碑の向こう側が海となり、

海の上の“弘法大師像”がこちらへ向っておられます。

さざれ石

河津桜、彼岸桜

“河津桜”、“彼岸桜の花”はもう終わりがけで、葉桜も多くなっていました。

ソメイヨシノ、聖枝垂れ桜

“ソメイヨシノ”や、“聖枝垂れ桜”は満開ぐらいで、きれいでした。

聖平和観音

先の大戦(大東亜戦争)という国難において
祖国を護らんがため、自らの命を極寒の地
また南海の海と空に尊い命を捧げた英霊の顕彰と
地域の発展と繁栄を築かれた町成功労者を合わせて
合祀し末永く功績を称え。
昭和30年に師崎町に於いてこの空海上陸の聖地
聖崎山頂に建立した。

お待たせしました。
弘法大師像です。

聖崎上陸大師

聖崎上陸大師

大井聖崎は、
弘仁5年(814)弘法大師さまが
尾張上陸の第一歩を印された
宿縁の地であります。

時は下り、弘法大師御入定1150年記念事業として
その言い伝えを基に昭和59年多くの方々の尽力により
海上の双子岩に建立されました。

稲田法輪堂

極小 鳴金錫杖 南無大師遍照金剛文字入 最高級の鳴金(佐波理)の小さいサイズの錫杖です。「南無大師遍照金剛」の文字が彫り…

立っていらっしゃる“双子岩”に波が打ち上げる音が聞こえてくるのが現実感となり、なんだか嬉しくしばらく聞きいていました。
潮がひいた日には、
この“階段”から“像”のところまで歩いて行けるそうです!
海に降りられる階段のそばから、真っすぐ“弘法大師像”の真正面となります。
「背景画は、イメージです。」とありますが、“上陸大師像”を見る向こうに“太陽”、“富士山”、“御岳山”がある位置だということなんですよね。すごい。
関連記事

高野山開創1200年記念高野山の名宝 2015年1月23日(金)~2015年3月8日(日)あべのハルカス美術館 弘仁7年(816)、弘法大師空海は密教修行の理想の場所として高野山の開創に着手。空海は真言密教の基盤[…]

ブログ更新をメールで受け取る
メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。 [subscribe2]
最新情報をチェックしよう!

稲田法輪堂

法輪堂厳選の祈りにふさわしい仏像・仏具・お線香をご紹介いたします。

CTR IMG