【大阪】叡福寺 拝観日記

【大阪】叡福寺 拝観日記

聖徳太子の御廟のある「叡福寺」に行ってきました。

聖徳太子の生母
穴穂部間人(あなほべのはしひと)

聖徳太子

膳部大郎女(かしわべのおおいらつめ)

を葬られた御廟を護るため
推古天皇により建てられました。

仁王門

門を入ると
とても広い境内です。

まっすぐ向こうに、御廟のある二天門が見えます。

まずは、仁王門を入って左側の

多宝塔

金堂

ご本尊は、如意輪観世音菩薩

御廟へと進みます。

御廟

横には、金木犀が咲いていました。

鼻をつけてみると、やさしい香りがしていました。

DSC01960.jpg

浄土堂

ご本尊は、阿弥陀如来

叡幅寺 見真大師堂.jpg

この建物は・・・

立て看板の字をガンバって読もうとして

残念ながら読み取れず

見上げると
額に

「見真大師」
親鸞聖人です。

後で調べると、
親鸞聖人が参籠して

聖徳太子の御告諭をうけられたのだそうです。

次へと歩くと、

弘法大師堂

空海100日間参籠されたそうです。

一回りして仁王門に戻ろうとして気がついたのですが、
仁王門から直接「浄土堂」にも行けるようです。

叡幅寺 浄土堂2.jpg

お向いにある西方院から見た叡福寺

西方院から.jpg

写真で見ると、あまりよくわかりませんが

実際には同じぐらいの高さで真っ直ぐ真正面で

叡福寺全体が見えるようで感動しました。

堂内に入ることはできないため、

おまつりされているお仏像は
隙間からチラっと見せて頂ける程度ですが
ゆったりした境内の空間を感じることができました。

関連記事:⇒【大阪】天野山金剛寺 レポート
The following two tabs change content below.
仏壇屋「稲田法輪堂」。仏具・密教法具のネット販売「法輪堂ドットコム」。プロフィール写真は店主。拝観日記はヨメが書いております。