【奈良】信貴山 空鉢護法堂 レポート

【奈良】信貴山 空鉢護法堂 レポート

朝護孫子寺の山頂にある
空鉢護法堂へ行って来ました。

地図でも、大虎があり
山頂への道に鳥居が続いています。

大虎から見上げる本堂

赤門前に置かれた高さ3m長さ6mほどの大虎
見上げるは、本堂。

本堂では、
ちょうどご祈祷が始まり

灯明に火がともり
お前立ちの三体がきれいでした。

お前立ちは

左から
毘沙門天の子といわれる善膩師童子像
毘沙門天像
妃とされる吉祥天像
(三尊形式)

奥秘仏、中秘仏の前に安置。

空鉢護法堂へ 水のお供え用意

空鉢護法堂へ水のお供えは、
虚空蔵堂の手前にある水屋
備え付けのポットに水を汲んで
持ってあがります。

さあ、登ります。

「これより600米 徒歩約20分」と書かれています。

「空鉢護法」と入った額があがった
鳥居が並ぶ道なりに進みます。

階段だったり、道だったりを
ただひたすら登っていきます。

星祭り本尊

もう少しで空鉢護法堂という場所に
星祭り本尊8体の石像がならんでいます。

山頂に到着しました。

空鉢護法堂

「信貴山縁起」に描かれた
命蓮の飛倉のエピソードに由来する。
一願成就を祈願するお堂。

命蓮が信貴山の
雄岳山頂に龍王の祠を建て、
守り本尊として「空鉢護法の神」を
祀ったと伝えられる。

拝殿前に並ぶ、とぐろを巻いた3体の
石造の蛇(巳)は、龍神の姿を蛇に見立てたもの。

俗に「みーさん」と呼ばれ
蛇(巳)神と考えがちでありますが

拝殿の額には「竜王」のふりがなを
「みーさん」としており

拝殿前には、とぐろを巻いた蛇(巳)の
石造が並んでおります。

◇竜王=竜神の姿を蛇(巳)に対応させている。

ご縁日 毎月三日・巳の日

水を汲んできたポットを
写真手前の場所にお供えして、拝殿に。

広いばしょではないので
全体像を写真に撮ることができませんでした。

拝殿の向かい側は

空鉢護法堂からみた光景

二上山、葛城山、金剛山および
吉野の山々を遠望することができます。

空鉢護法堂の裏側

裏側には、
たくさんの社祠があります。

眠り大師の社祠もありました。

信貴山城址

山頂にある空鉢堂のわき、
本丸跡に立てられている碑

西方守護神白虎

駐車場入り口横に
「西方守護神白虎」。

 

拝観日記:【奈良】信貴山 朝護孫子寺で如意宝珠の戒壇巡り

 

 

法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂) 御仏と人との対話を演出 くらしの中に御仏を感じる空間づくりのお手伝い ◆HP(仏像・仏具・念珠・線香) ◆お問い合わせ ◆アクセス JR片町線(学研都市線)鴻池新田駅より徒歩15分※仏像・仏具のネット通販HPあります。

 

ブログ更新をメールで受け取る
メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。


 


The following two tabs change content below.
仏壇屋「稲田法輪堂」。仏具・密教法具のネット販売「法輪堂ドットコム」。プロフィール写真は店主。拝観日記はヨメが書いております。