【奈良】新薬師寺 香薬師像の右手 公開 レポート

【奈良】新薬師寺 香薬師像の右手 公開 レポート

薬師如来坐像を中心に
十二神将立像で有名な
新薬師寺に行って来ました。

前回来させて頂いた時よりも
堂内が明るくライトアップされていました。

前回のお堂の中というのも
それはそれですぐに光景を思い出せるいい感じでした。

薬師如来坐像の前で拝ませて頂くと、
見たことがあるチラシが。

香薬師像の右手

「香薬師」の名で知られる
白鳳彫刻の最高傑作「銅像 薬師如来立像」。
新薬師寺の創建縁起をもつ根本の薬師如来像。

3度の盗難にあい
破損を経ながらも寺に戻ったが、
3度目の盗難以降、その所在がわからない。

この右手も行方不明になったが、
奇跡的に発見取得され、寺に戻った。

右手の施無畏の印は、
「恐れなくてもいい」という
薬師如来からのメッセージを表す。

今回の公開が、
像本体の再発見の一助となることを願ってやまない。

Twitterでリツイートして
この文章は読んでいたので
“そうかそうか”と情報と見ただけで進む。(←気づいていない)

本尊右横に、小さな仏像
香薬師如来立像

レプリカ。そうか。
本物の所在が不明だから。

香薬師如来立像の右手を見ながら
「そうか。Twitter情報は、このレプリカの仏像の本物の右手が見つかったということだったのか。」と思いながら歩いていくと、

少し広いスペースに
ライトアップされたガラスケースが。

「本物の右手が公開されている!」

予定して行動できることが少ないので、
公開期間に出会えるなんて奇跡に近い。

本物は、右手だけなのですが
小さい

でも、指のなめらかなラインが
美しく見惚れるようでした。

「恐れることはない」

とても小さい手だったけれど、
とても美しい手

しっかりした印象を受けました。

円形にまもる十二神将立像のお顔を見上げながら堂内をまわり

本堂を出て小さな門を出ると、
お庭がある先に

香薬師堂

香薬師堂の横の建物「庫裏」にて
案内VTRが放送されており

新薬師寺七佛薬師金堂跡出土品

奈良時代の新薬師寺金堂とみられる大型建物跡が出土。

瓦などの展示がありました。

 

拝観日記:「春の新薬師寺へ」

 

法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂) 御仏と人との対話を演出 くらしの中に御仏を感じる空間づくりのお手伝い ◆HP(仏像・仏具・念珠・線香) ◆お問い合わせ ◆アクセス JR片町線(学研都市線)鴻池新田駅より徒歩15分※仏像・仏具のネット通販HPあります。

 

ブログ更新をメールで受け取る
メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。


 


The following two tabs change content below.
仏壇屋「稲田法輪堂」。仏具・密教法具のネット販売「法輪堂ドットコム」。プロフィール写真は店主。拝観日記はヨメが書いております。