『国宝 十二天像と密教法会の世界』展

『国宝 十二天像と密教法会の世界』展

京都国立博物館での
『国宝 十二天像と密教法会の世界』展に行って来ました。

『国宝 十二天像と密教法会の世界』展

平成25年1月8日(火)~2月11日(月・祝)
京都国立博物館

第一部 国宝 十二天像と後七日御修法
第1章 国宝 十二天像
第2章 空海帰朝
第3章 後七日御修法のはじまり
第4章 後七日御修法の荘厳
第5章 後七日御修法のあゆみ

第二部 灌頂とその荘厳 -山水屏風と十二天屏風を中心にー

「十二天屏風」の絵ハガキ

東寺でとても気に入ってお土産にした
「十二天屏風」の絵ハガキ。

十二天屏風.jpg
(※こちらは、重要文化財の十二天屏風の絵ハガキ)

『国宝 十二天像と密教法会の世界』展

東寺の名宝展でも 「国宝 十二天屏風」は
保護のため 十二天を一緒に展示されなかったのに、
十二天を揃って見る事が出来るというので
京都国立博物館に行ってきました。

—————————————————————————
国宝 十二天像と密教法会の世界
成立800年記念 方丈記

2013年1月8日(火)~2月11日(月・祝)
京都国立博物館
—————————————————————————

国宝 十二天屏風

国宝 十二天像と密教法会の世界.jpg

【十二天像 12幅】
絹本著色
(各)縦144,3 横126,5
平安時代 大治2年(1127)
京都国立博物館

承知2年(835)、空海の奏請によって正月8日から宮中真言院で7日間の修法(後七日御修法)が行われるようになった。十二天像は道場を守護するために掛けられ、普段は他の道具類と一緒に東寺の宝蔵に収められていた。

入っていきなり 【国宝 十二天屏風】
両脇にズラッとガラスケースの中に掛けられていました。

一幅が想像よりもはるかに大きくて、
(絵ハガキの十二天屏風がその国宝の屏風と思い込んでいたのです)
最初から主役の登場という衝撃の始まりで動揺してしまって
次からの展示品を見てもしばらく内容が入ってこないような感じだったのですが、
「初公開」の赤い文字が目に飛び込んできました。

弘法大師像(秘鍵大師像)一幅

それは、【弘法大師像(秘鍵大師像)】。
左手に数珠、右手には持ち手が三鈷杵になった剣
を持っておられる弘法大師像です。

【弘法大師像(秘鍵大師像)一幅】
絹本著色
縦48,0 横32,0
鎌倉ー南北朝時代 14世紀
株式会社虎屋

16世紀末から禁裏御用を勤めていた菓子司・虎屋の当主・黒川家に伝わった作品。
小さく描かれた聴聞者は嵯峨天皇とされている。

由来は、
弘仁9年(818)に疾病が流行した際に、空海が嵯峨天皇のために般若心経を密教の立場から宮中で講説した際の姿といわれている。この時の内容をまとめたものが『般若心経秘鍵』という書物であり、これが秘鍵大師の名前のもとになっている。

展示された掛け軸は、現存最古の作だそうです。
個人的な事で、詳しい事は全く知りませんが
『般若心経秘鍵』 という書物と弘法大師が結びついた
掛け軸という形で実際に目にする事が出来て光栄でした。

両界曼荼羅図(久米田寺)

【両界曼荼羅図 二幅】
絹本著色
(金)縦243,1 横182,0(含描表装)
(胎)縦242,8 横182,1(含描表装)
鎌倉時代 13-14世紀
大阪・久米田寺

両界曼荼羅は、金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅で構成され、密教では最も重要な仏画である。金剛界は『金剛頂経』、胎蔵界は『大日経』に基づき密教の世界観を提示したしたものである。

感激したのは、 【両界曼荼羅図(久米田寺)】です。
今まで見せて頂いた曼荼羅の中では一番
たくさんの仏さま一体一体がとても繊細に
描かれていて素晴らしいと思いました。

金銅五種鈴

この特別展で久しぶりに一式が揃ったという【金銅五種鈴】。
独鈷・三鈷・五鈷・宝珠・塔の五種類の金剛鈴を
一具として用いるものを五種鈴と呼びます。
五鈴のうち、塔鈴を大日如来に見立てて中心に据え
他の四鈴を配置するのだそうです。

四鈴の配置には諸説があるそうですが、
独鈷鈴(無量寿如来 西)
三鈷鈴 (不空成就如来 北)
五鈷鈴 (阿シュク如来 東)
宝珠鈴(宝生如来 南)

高さも26cmぐらいあり、 存在感がドッシリありました。

後七日御修法のあゆみ

「後七日御修法のあゆみ」として
後七日御修法の行われる部屋の中の配置図を
丁寧に色づけされ書かれている【御七日差図】とは別に
パネルでの説明や配置図などがあり
後七日御修法が少しイメージできるような気がしました。

灌頂には、色々あって一般の人も受けることが出来る
目隠しをして曼荼羅の上に華を投げ 華が落ちたところの仏と縁を結ぶ結縁灌頂があります。
ここでようやく絵ハガキの【十二天屏風】がありました。

天を描かれた上部に、種字が入っています。
空海筆【灌頂歴名】には、最澄の名もあり
空海と最澄の接点を感じることが出来ました。

国宝 十二天像と密教法会の世界2.jpg

「方丈記」

同時開催で「方丈記」が、 特別展の続きにありました。
組み合わせが一見唐突のようにも思えますが、
ポスターに 「平安の祈り 乱世の無常」 の文字があります。

展示には、 鴨長明自筆という伝承がある
最古の写本 【方丈記】大福光寺本(重要文化財)がありました。
ガラスケースの中に巻物が広げられていて
「方丈記」の中でのポイントが分かるような展示の工夫があり
「飢饉」など実際の文字で見つける事ができました。
一気に書き上げられたかのように 文字が淡々と流れているように見えました。

展示会場の中には、白いテープで 方丈の大きさと高さを印されていました。
河合神社にて再現された方丈を見た記憶よりも小さく感じたのですが、
建物が建っていて感じる大きさと、 空き地になったスペースを
狭く感じる感覚の違いかと思いました。

なぜか国宝「餓鬼草紙」京都国立博物館の展示のほか
天狗が描かれていたり、 阿弥陀経が紺地の紙に金字で書かれていたり、
親鸞筆の「一念多念文意」があったり 盛り沢山な展示でした。

建て替え工事中の京都国立博物館の平常展示館は、
きれいな建物が出来つつありました。
(今気がつきました。写真を撮っておけばよかったと。)

[関連記事]
*河合神社 拝観日記&方丈

最後までお付き合いありがとうございました。
法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂)

 

法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂)
御仏と人との対話を演出
くらしの中に御仏を感じる空間づくりのお手伝い
◆HP(仏像・仏具・念珠・線香)
◆お問い合わせ
◆アクセス
JR片町線(学研都市線)鴻池新田駅より徒歩15分※仏像・仏具のネット通販HPあります。
ブログ更新をメールで受け取る
メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。


 


The following two tabs change content below.
仏壇屋「稲田法輪堂」。仏具・密教法具のネット販売「法輪堂ドットコム」。プロフィール写真は店主。拝観日記はヨメが書いております。