2014年

1/3ページ

【京都】微笑む弥勒菩薩半跏像の広隆寺 拝観日記

微笑む弥勒菩薩。 称賛する記事を見て、 どうしても会いたくなり広隆寺へ行って来ました。 楼門の横に、あの国宝 弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)のお顔が。   蜂岡山 広隆寺 聖徳太子建立七大寺のひとつとされ、京都で最古の寺。真言宗の単立寺院。 『日本書紀』によれば、603年 秦河勝が聖徳太子から仏像を賜わり創建したとされる。 太子が622年に没したとき、その供養のために建立。 鎌倉時代に太子を […]

【奈良】 飛鳥寺

日本最古の仏像 飛鳥大佛に会いに奈良 飛鳥寺に行って来ました。   飛鳥寺(安居院) 真言宗豊山派。新西国第9番。聖徳太子第11番霊場 538年、仏教が百済から伝来するや蘇我氏と物部氏の間で崇仏・廃仏の争いが長く続き、蘇我馬子がその戦勝を記念して創建した。 日本最初の本格的仏教寺院である。 法興寺・元興寺ともよばれた。 創建当初からの寸六の釈迦像「飛鳥大仏」。   本 堂 &n […]

【奈良】善財童子がお留守中の安倍文殊院

『日本国宝展』で善財童子像・仏陀波利三蔵像がお留守と知りつつ、騎獅文殊菩薩像に会いたく安倍文殊院へ行って来ました。   日本三文殊第一霊場 安倍文殊院 大化元年(西暦645年)大化の改新時に左大臣となった安倍倉悌麻呂公が創建。 奈良時代の遣唐留学生・安倍仲麻呂や平安時代の大陰陽師・安倍清明公が出生された寺院。 安倍清明公が天文観測をして吉凶を占う修業をしたと伝わる天文台なども 「日本三大 […]

【京都】 高山寺 拝観日記

京都国立博物館での『鳥獣戯画と高山寺』展のあと高山寺に行きました。 駐車場の横にある高山寺裏参道から行きます。   栂尾山 高山寺(とがのをさん) 古義真言宗 別格本山であったが、現在は単立。 奈良時代末に開かれ、文覚が神護寺を復興した 平安末期に神護寺の別所(別院)となる。 後鳥羽上皇より『華厳経』の語句から「日出先照高山之寺」 の勅額を賜わり高山寺と号した。 1994年(平成6)、世 […]

【京都】青龍殿 国宝不動明王前の護摩

国宝 青不動明王 御開帳の青龍殿に行って来ました。 将軍塚へ行くのも初めてです。 途中の駐車場に車をとめシャトルバスで登ります。     青龍殿 青龍殿 四方の方角を司る四神のひとつ「青龍」が護る 東山山頂に「青龍殿」が落慶しました。 大正天皇の即位を記念して京都市内の北野神宮前に建立された 総檜造りの大木造建築「平安道場」を移築再建されたものです。 今では入手不可能な巨大なヒノキ材を使 […]

【京都】西本願寺 唐門への道

西本願寺の国宝「唐門」。 西本願寺にはよく行くものの御影堂門や阿弥陀堂門から入るので 唐門を見せて頂いたことがありませんでした。 「次は唐門へたどり着きたい!」と思っていてようやく機会が来ました。 その日の1回目のチャレンジでは、やはり失敗。 理由は、門と言えば道路に面していると思い 「外側からまわって見るもの」と思っていたからです。 西本願寺のすぐ隣は興正寺。 西本願寺との間に道路がわかりません […]

【法輪堂通信】 神護寺への道 NO.80

  • 2014.10.01

大阪の仏壇屋「稲田法輪堂(法輪堂ドットコム)」の 2014年10月1日に送信した メルマガのバックナンバー記事となります。 毎月、店主の書いたメールマガジンをお届けしています。 メルマガ登録はこちらから。お待ちしています。 ┏仏像・仏具・密教法具・お香・お線香の専門店【法輪堂ほうりんどう】 ┃http://www.e-horindo.com/ ┃────────────────────────── […]

【京都】 神護寺 拝観日記

京都 神護寺に行って来ました。   真言宗別本山 高雄山 神護寺 本尊: 国宝薬師如来立像 西国四十九薬師霊場 第四十四札所   高雄山寺で最初に灌頂をおこなった最澄が 恵果直伝の本格的な両部の灌頂を、最澄も空海から受けました。 神護寺は、空海ゆかりの寺であると同時に、 伝教大師最澄に縁のある寺でもあります。 平安京造営に尽力した和気清麻呂の墓を置く和気氏の私寺でした。 唐から […]

『国宝 醍醐寺のすべて』で聖教にふれる

  醍醐寺文書聖教7万点 国宝指定記念特別展 国宝 醍醐寺のすべて-密教のほとけと聖教-平成26年7月19日(土)~9月15日(月・祝) 奈良国立博物館   平成25年に69378点に及ぶ醍醐寺文書聖教が国宝に 指定されたことを記念し、醍醐寺の歴史と美術をたどる特別展 奈良国立博物館での 『国宝 醍醐寺のすべて』に行って来ました。 博物館前の蓮 この間、来た時にはなくなっていた […]

【奈良】春日大社 拝観日記

奈良 春日大社に行って来ました。 石燈籠 両脇にならぶ石燈籠には、鹿や竹など入っています。   鹿のくわえた巻物からのお水で清めてすすみます。 若宮15社めぐり 人が生涯を送る間に遭遇する様々な難所をお守りくださる神々を 生涯の安泰を祈願する若宮15社めぐり。 夫婦大國社で受付を済ませるそうです。 夫婦大國社は、日本で唯一ご夫婦の大黒様をお祀りしたお社で 夫婦円満・縁結びの神様として称えられていま […]

1 3