2013年

1/2ページ

【京都】智積院 拝観日記

京都・智積院に行って来ました。   木々の葉が色づき始めています。 拝観入口の横の収蔵庫に、 長谷川等伯による国宝障壁画が納められています。 ホール内が障壁画に囲まれている中で見せて頂けました。 講堂 講堂では、平安時代の阿弥陀如来坐像がまつられていました。 左右のお部屋には、モノトーンの障壁画があり 向かって左側に夕陽、右側に朝陽となっていました。 夕陽の描かれた月が幻想的でした。 & […]

勝林院の本尊 阿弥陀如来坐像の内部から小さい仏像

  • 2013.10.16

法然上人を招いて浄土教について論議をした 大原問答が行われたた事でも有名な勝林院。 京都産業大学の調査で、勝林院の本尊 阿弥陀如来坐像の 内部から9,5cmの小さい仏像が見つかったそうです。 光背に三千仏(3000体の化仏)が作られたという 記録も見つかり、そのうちの一つの像とみられます。

【法輪堂通信】 一角獣と諸星大二郎さん NO.69

  • 2013.10.01

大阪の仏壇屋「稲田法輪堂(法輪堂ドットコム)」の 2013年10月1日に送信した メルマガのバックナンバー記事となります。 毎月、店主の書いたメールマガジンをお届けしています。 メルマガ登録はこちらから。お待ちしています。 ┏仏像・仏具・密教法具・お香・お線香の専門店【法輪堂ほうりんどう】 ┃http://www.e-horindo.com/ ┃────────────────────────── […]

国立国際美術館の「貴婦人と一角獣 展」

国立国際美術館の 「貴婦人と一角獣 展」に行ってきました。 フランス国立クリュニー中世美術館所蔵の6面の連作タピスリー。 赤色の千花文様に、貴婦人と一角獣と獅子。 「人間の五感を表している」5面と、「我が唯一の望み」。 テレビで一瞬みて 気になっていた「貴婦人と一角獣 展」。 赤地に、貴婦人と一角獣と獅子がいる 豪華な・・・絵ではなく、タペストリー。 それが、6面ある。 6面 「触覚」「味覚」「嗅 […]

【奈良】「薬師寺 東塔水煙 降臨展」に行ってきました

奈良の薬師寺の 修理中の国宝の東塔。 薬師寺で唯一創建当時より現存している建物で、 「凍れる音楽」という愛称で有名です。 薬師寺東塔(国宝) 2010年撮影 薬師寺 東塔水煙 降臨展 薬師寺 東塔水煙 降臨展 2013年9月16日~11月30日   塔の屋根から上にの金属部分の頂部の飾り「水煙」が見ることができる「薬師寺 東塔水煙 降臨展」に行ってきました。 解体修理中のため 地上34m […]

2013イタリアボローニャ国際絵本原画展に行ってきました

西宮市大谷記念美術館で開催中の 「2013イタリアボローニャ国際絵本原画展」に行ってきました。  イタリア北部の古都ボローニャ市で毎年開催されている 絵本原画コンクールの入選作品を紹介する展覧会です。  原画の作品は、 各5枚の展示です。  各作品には、 ・題名 ・名前 ・国 ・描画方法 ・1枚ごとの説明 札に簡単に書かれているので、 大体のお話がわかったり、わからなかったり  表現方法もいろいろ […]

相国寺 承天閣美術館「伊藤若冲の名品展」

相国寺 承天閣美術館での 「伊藤若冲の名品展」に行ってきました。  伊藤若冲(1716~1800)は、 江戸時代中期の京にて活躍した絵師です。 展示室に入ると、常設展示の金閣寺書院を飾っていた 伊藤若冲の襖絵などがありました。  「若冲の画風ってこうだったかなぁ。」と 少し記憶との違いを感じつつ進みました。 名品展の展示室に入って、 「これが若冲だ。」と思う 極彩色鮮やかな、くっきりした縁どりの […]

【奈良】興福寺 南円堂 拝観日記

6月2日までの特別公開だったのですが 興福寺の南円堂の創建1200年記念の特別公開に行ってきました。 左 北円堂のご本尊・弥勒如来像 (国宝) 右 南円堂のご本尊・不空羂索観音菩薩坐像(国宝) 北円堂・東金堂は、特別公開で拝見したものの なぜか、南円堂は前だけでのご挨拶だけとなっていました。 不空羂索観音菩薩 今回の特別公開では、興福寺の南円堂のご本尊が 「不空羂索観音菩薩」であることが頭の中によ […]

大阪天満宮の天神祭

  • 2013.07.20

(拝観日記ではありませんが、天神祭の説明です。)  祭りの起源は、大阪天満宮が創建された翌々年の天暦5(951)年。 社殿前の川岸から神鉾を流し、流れ着いた所を祭神の御旅所と定めた 「鉾流神事」から始まった。全国的に有名になったのは、町人文化が 栄えた元禄時代のこと。淀川沿いの市場が繁栄するに従って、御旅所周辺 の町では「御迎え人形」が作られるなど、盛大さを増していった。  大阪天満宮の御祭神は、 […]

祇園さんの祇園祭

(拝観日記ではありませんが、祇園祭の説明です。)  7月1日から、1ヵ月にわたって神事が続く祇園祭。 貞観11(869)年、疾病の流行が止むことを願って営まれた 「祇園御霊会」が起源とされ、町ごとに意匠を凝らした山鉾を 作りはじめたのは、室町時代以降と伝えられる。 明応9(1500)年からは、「くじ取り式」を行うなど現在に近い形の 巡行が行われるようになり、山鉾の装飾も徐々に贅を尽くしたものになっ […]