2007年

1/3ページ

神戸ルミナリエ 2007 レポート

1995年1月 阪神・淡路大震災で犠牲になった方々の鎮魂の意と 復興への想いを込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して開催され、 今年で13回目となりました。 神戸ルミナリエ 2007 2007年のテーマは、「光の紀元」 ■作者からのメッセージ 闇の恐怖を打ち消す光の誕生。 震災という闇と闘ってきた神戸の街と人々をやさしく照らした眩い光は、 新たな紀元の象徴。 その輝きは、過去への誘いと […]

柚子

  • 2007.12.21

12月22日は、冬至です。 柚子湯に入り、冬至粥や南瓜を食べると風邪をひかないと言われています。  河内長野市の盛松寺で、食べると万病に効くとされる柚子みそづくりが行われました。 唐に留学した弘法大師が帰国した際に付近を訪れ、疫病に苦しむ村人のため伝えたとされ、 寺建立の享保7年以来、信徒らの手で毎年続けられているそうです。 約2時間で700個が完成。 「終い大師」の21日午前9時から、参拝者らに […]

「古代人の祈り」展 レポート【MIHOミュージアム】

奈良国立博物館の「美麗 院政期の絵画」展で 展示される予定という沙門地獄草紙が MIHOミュージアムのものだという事で 「もっと何かないか」と滋賀に出掛けました。 「古代人の祈り」と題し、勾玉などで作られたネックレス。 メノウなどが、マカロニの様な筒状になっていたりしてネックレスになっています。 どのようにして磨き、加工し形を整えられたのでしょうか。 実物を目にするとその風景を思い浮かべて感心しな […]

【奈良】興福寺 国宝館 レポート

興福寺 国宝館です。 「ようやくあの本の写真の阿修羅像の本物を拝見出来る。」 と国宝館に踏み入れたのですが、 思わず「あっ!」と喜びの声を上げてしまう位の連続でした。 まずは、聖徳太子二歳像は、 一見とても二歳らしいお身体で愛らしく見えるのですが、 まっすぐに前を向かれている お顔・視線の強さから厳しさが伝わってくるようでした。 木造地蔵菩薩半跏像は、 蓮の上にしっかりお座りになっていますが 下に […]

【京都】これが青蓮院 青のライトアップ

青蓮院門跡の夜の特別拝観ライトアップに出掛けました。 門の前で開扉の時間まで並んで待ちました。 どこからか、かすかにお香の良い香りが。 「京都伝統産業青年会展」も開催されており、 各お部屋に作品が飾られていました。 早速お庭では 照明による数分ごとに変わる演出。 通常の照明から暗くなり、 ロウソクの火のみになり 徐々に色のづき始め 木がライトアップされ 一気に遠くの壁が滝のように青に光った途端、 […]

【京都】植髪堂 レポート

青蓮院のそばに植髪堂があります。 親鸞上人が得度のときに 剃り落とされた髪の毛を 9歳の像に植えられたものが、 真ん中の阿弥陀如来像の後にある 厨子の中にまつられているそうです。 お部屋の3方向上部にはぐるりと 親鸞上人の一生涯を絵にしたものが飾られています。 彩色が新しいような綺麗さでしたが もう70年経っている絵だとの事でした。 蒔絵体験をお願いしようとしたところ、 あいにく薬が硬くなってしま […]

【奈良】興福寺秘仏(聖観音菩薩)特別公開にて

「2007年 興福寺秘仏特別公開」の 情報を知りパンフレットを見てみると、 聖観音菩薩立像が赤のシルエットで 本坊・大圓堂は初公開されるとのこと。 そして、『日本の仏像 興福寺 阿修羅と国宝館の至宝』を買って 阿修羅像のお顔の表情に今までにない感情を抱き、 数日パソコンのそばに置いて眺めながら過ごしていたその阿修羅像を含む 国宝・八部衆像が一挙公開されるということで興福寺に出掛けました。 (国宝・ […]

京都伝統産業青年会展

京都伝統産業青年会の主催で 京都の伝統産業を継承する 若手職人の友禅や仏具などの作品を集めた 「京都伝統産業青年会展」が青蓮院で開催されました。 約100点の作品が並んでいます。 ライトアップを拝見させて偶然開催期間でした。 お部屋の襖絵・大きな桧扇の前に置かれた 机の上にある燈篭の灯りのみで 見せて頂くもの良いものでした。 とても大きな三具足、大きな溜め塗おりん、 びっくりする位大きな念珠などが […]

だんじり通ります。

だんじりの季節になりました。 店の前は、 各町内から出ている七社が 2日間通ります。 だんじりを引っ張る紐は、 小さい子からその子のお母さんの世代がひきます。 この日ばかりはだんじり優先ですから 車はだんじりが通り終わるまでは待っています。 交通整理をするだんじりについて歩く警備の方達もご苦労様です。 写真は、 お花を貰ったお礼を皆で言っているところです。 その場で止まり、音頭にあわせて言い、その […]

しか

奈良での一日を書いていて、 奈良の鹿について調べていて目にとまった事がありました。 一つは、シカの角にカバン・カメラを掛ける人がいたり、偶然に掛かってしまう事があり、 それにシカは驚き逃げ回り、疲れ果て、野犬などにかみ殺されてしまうというような事があるそうです。 もう一つは、亡くなったシカの胃からビニールなどが 石のような塊になって出てくる事があるそうです。 これは人間が捨てたビニール・化学繊維の […]

1 3