お寺・神社・博物館・美術館にて【法輪堂の拝観日記】

勝林院の本尊 阿弥陀如来坐像の内部から小さい仏像

法然上人を招いて浄土教について論議をした
大原問答が行われたた事でも有名な勝林院。

京都産業大学の調査で、勝林院の本尊 阿弥陀如来坐像の
内部から9,5cmの小さい仏像が見つかったそうです。

光背に三千仏(3000体の化仏)が作られたという
記録も見つかり、そのうちの一つの像とみられます。

関連記事

【京都】勝林院2011年 京都大原 勝林院の天台僧 顕真が法然上人を招き、法相宗の貞慶、東大寺の重源、三論宗の明遍ら著名な学匠と問答させた「大原問答」のおこなわれた呂律の寺・声明の寺 勝林院へ行って来ました。 「見るポイント」には[…]

最新情報をチェックしよう!

稲田法輪堂

法輪堂厳選の祈りにふさわしい仏像・仏具・お線香をご紹介いたします。

CTR IMG