火災から竜に守られた伝説の仏像のご開帳

NO IMAGE

火災から竜に守られたという伝説のある
伊勢市の松尾観音寺の十一面観世音菩薩が、
12年に1度のご開帳が3月11日~13日あったそうです。

奈良時代 行基(668~749)が作ったとされる
本尊「十一面観世音菩薩」。

本堂が火災となった時に、本堂裏の池から2体の竜が現れ
雄竜が本堂の炎の中の本尊を体で巻き付け救い、
雌竜が何度も池の水を吹きかけ消火したと伝説があります。

東日本大震災が発生した日時には1分間の黙とうが行われ、
被災地の1日も早い復興を祈念した10人の僧侶による読経が行われたそうです。

「竜が火災から守った仏像」伊勢の松尾観音寺で12年に1度のご開帳(伊勢志摩経済新聞・2014年03月11日)
The following two tabs change content below.
仏壇屋「稲田法輪堂」。仏具・密教法具のネット販売「法輪堂ドットコム」。プロフィール写真は店主。拝観日記はヨメが書いております。