お寺・神社・博物館・美術館にて【法輪堂の拝観日記】

長野県宝 慶派の不動明王立像 特別公開

鎌倉時代の名仏師 運慶の流れをくむ
慶派の作品とされる木造不動明王立像が修復を終え、
諏訪市博物館で特別公開されています。

折れていた右手首を接合され、光背を台座に据えなおされ、
水晶でできた目玉は白目がはっきり分かるようにされたそうです。

長野県宝修理記念特別公開 佛法紹隆寺所蔵 
県宝 木造不動明王立像
平成26年3月15日(土)~5月6日(火・祝)
諏訪市博物館

関連記事

高野山開創1200年記念高野山の名宝 2015年1月23日(金)~2015年3月8日(日)あべのハルカス美術館 弘仁7年(816)、弘法大師空海は密教修行の理想の場所として高野山の開創に着手。空海は真言密教の基盤[…]

最新情報をチェックしよう!

稲田法輪堂

法輪堂厳選の祈りにふさわしい仏像・仏具・お線香をご紹介いたします。

CTR IMG