注目キーワード
  1. 掲示板
  2. 毛氈
  3. 錫杖
  4. 観音
  5. 曲録

京都彩色工房訪問記(1)

京都彩色工房

木地に色が着いた時

絶妙の美しさを放ち、ほとけ様の教えが
永遠である様に
また、木質の花々も永遠なものとなります。

仏陀の教えとは
如何に美しいものか
永遠に変わらないものかを

京都彩色師の仕事を見て
視覚的に体感させていただきました。

【木地を見学】

DSC_0105-a.jpg

いつも大阪の当店から京都まで行くのに
高速道路を使って
90分ぐらいかけて行きます。(安全運転です。)

東寺の横を通り目的地へ向います。
今日の東寺は、いつもより少し静かでした。

そして、そこから数十分後に本日の
目的地である京都のとある場所の
彩色工房へ到着したのでした。

DSC_0088.jpg

彩色師である工房の社長にお話を聞きながら、 
見させていただくことになりました。

非常に気さくな方で、色々と本音で
語っていただき、助かりました。

基本的に4人体制で工房を
維持されているそうです。
勿論当たり前ですが皆さん彩色職人です。

DSC_0104.jpg

彩色を行う前の木地の状態のものです。

DSC_0091.jpg

木製の木地ならではの柔らかさを感じました。

DSC_0093.jpg

正に今彩色が施され生まれる前の姿です。

DSC_0065.jpg

柘榴の香合が彩色される前の状態です。

※ 見学させて頂いた工房名・所在地・お名前などについて
お答えは出来ません。

 - 画像・文章は転載不可です -

– 2006年10月27日 –

続きは、こちらです。  →  京都彩色工房訪問記(2)  

職人レポートインデックスページに戻る

▲ このページの先頭へ

 お気軽にご相談ください → [ こちらから ]