【歴史が作られる道具】

butusi1-s.jpg

【歴史が作られる道具】

【主工房の作業場】に入りました。

いつも座っておられる
仏師先生の製作作業位置の前に
座らさせていただき
お話をお聞きする形になりました。

DSC00004-s.jpg
DSC00006-s.jpg

あらゆる形の【小刀】です。

製作の過程であらゆる場面でそれぞれのアクションでつかわれる

切削の工具です。

この様々な形の小刀により

形が整えられ

滑らかな曲線などや

くぼみ等の強弱が表現されていくのです。

実は、今回の取材者こと【法輪堂.com】店主は、
前職では、こういった工具を扱うような
仕事をしておりましたので
(といっても仏像製作が出来るような職人的な腕は、もっておりません)

工具については非常に興味がありました。

DSC00011-s.jpg

こちらの【鑿(のみ)】は、大まかに形を作るために

金槌や木槌で叩いて剥いでいく切削工具です。

こちらを使っている場面は見ることが出来ませんでしたが

想像するだけでそのダイナミックな動きが

頭に浮かび少し興奮を覚えました。

DSC00008-s.jpg
DSC00012-s.jpg

特に良くいつもお使いの愛用の小刀を見せていただきました。

刃の部分を抜いて見せていただきました。

勿論同じような形の小刀は、何本もお持ちですが

やはり、しっくりくるものが決まって来るそうです。

右上の画像を見ていただきたいのですが

上から二番目の一番短い刃が良くお使いのものです。

一番古くから使っておられるので、それだけ

研ぐ回数も多く、刃が短くなっていくのだということです。

しかし、お話では、

「おそらくこちらの刃も使い切ることはないだろう」と

おっしゃってました。

つまり、刃物は一生ものとして使うことが出来るということです。

勿論、すぐに刃こぼれがしたり、折れてしまうようなものでは

そうはいきませんが...。

DSC00009-s-1.jpg

これは、私の手です。

その愛用の小刀を持たせていただきました。

感動で手が震える瞬間です。

私には、刀で例えると

名刀と呼ばれている

本物の村正や備前長船を持っている気分でした。

※ 見学させて頂いた工房名・所在地・お名前などについて
一切お答えは出来ません。

 - 画像・文章は転載不可です -

– 2005年11月13日 –