カートを見る

仏像

 

- 京仏師による仏像とはどういうものであるのか -

(4) 木から仏が生まれる

京仏師 冨田珠雲 文殊菩薩

国産木曽ひのきは、そのとれる山自体が聖域のある霊山の様な
所であり、精神性の観点からするとこの材を使って仏像を彫る仏
師の気合は違います。

木目の1つが1年という時がかかり大きくなります。
山の風を受けない、寒い所に住んでいる良い環境に棲んでいて
歴史の証明ができるのが木曽ひのきです。

木から仏が生まれる。

「何の木で仏像を彫りますか?」と尋ねた時に、仏像のご依頼主
が「お仏像を彫る木だから特別な木を」と考えておられると彫る
緊張も違ってくる。

とおっしゃるほど、仏像にとって何の木で彫られるか重要なポイ
ントです。

その大事なポイントの「仏像を彫られる木」が
仏像を彫る段階までの説明は、
次の「最重要な仏像の木材えらび」に続きます。

 

- 画像・文章は、転載不可です -

※画像は、冨田珠雲仏師に著作権・肖像権があり、転載・転用を禁止致します。

冨田珠雲 京仏師 ご依頼
仏師仏像は、受注製作となります。

 





▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。