仏像のはじまり
仏像の種類
材質・つくり方
基礎知識
 

仏像の材質・つくり方




■ 木仏

 日本に現存する仏像のほとんどは木を材料にしてつくられており、
 材質はヒノキ、クスノキ、カツラ、ケヤキなどが多いです。
 一部に南方産の香木を使ったものもあります。

 木仏のつくりかたは、「一本づくり」と「寄せ木づくり」です。

 ●一本づくり
 像の全体、つまり頭から足、台座まで一本の木を刻んだものです。
 像の細部が別木であっても、「一本づくり」といいます。

 ●寄せ木づくり
 数本の木で、像の頭、胴、背、手足などを別々に彫刻し、
 それらを寄せ集めて一体とするものです。
 十一世紀以降はこのつくり方が大部分です。

 

■ 金仏

 金属を材料にした像には、鋳造・鎚金などによるつくり方がありますが、
 ほとんどが鋳造した像です。材料は銅とスズの合金であるブロンズを
 メッキした金銅像が多く、なかには金、銀、鉄などでつくったものです。

 ●鋳造
 金属を鋳てつくるが、最初の形づくりに、「木型法」と「ろう形法」などがあります。

 ●鎚金
 硬い金属で半肉彫の型をつくり、その上から銅板をあてて模様を叩き出すものです。

 

■ 石仏

 いわゆる「野の仏」と呼ばれるもので、材料は石です。
 独立した像の他に、石窟や磨崖仏も含まれます。

 ●石窟像
 石窟内の壁面に厚肉彫りで彫刻したものです。

 ●磨崖仏
 断崖に直接仏像を彫刻したものです。

 

■ 乾漆仏

 奈良時代の仏像に多くみられるもので、「脱乾漆」と「木心乾漆」の2つの方法があります。

 ●脱乾漆
 泥で原型をつくり、その上に麻布を漆で貼ります。
 乾いたところで内部の泥を抜き取り、顔料で表面仕上げをします。

 ●木心乾漆
 木で原型をつくり、その上に漆と香料の粉末を練り合わせて仕上げます。

 

■ 塑像

 粘土でつくられた仏像のことで、奈良時代のものが多く、
 以降はほとんどつくられていないようです。

 ●塑仏
 木を芯にして縄を巻き、その上からよく練った粘土を重ね、
 大体の形が整ったところで乾燥させ、表面仕上げをします。

 ●せん
 煉瓦のように焼しめたもの。建築物の壁面などを飾るための仏像です。



法輪堂からのご案内

お支払
 お支払方法は、4種類ございます。
 銀行振込・郵便振替・代金引換・クレジット
 商品によっては、銀行振込・郵便振替のみの場合も
 ございます。→ 
[ 詳細はこちら ]
送料について
納期について
 ご注文後、在庫確認を致しまして
 発送予定日をお知らせ致します。
営業カレンダー
〈営業日カレンダー〉

ネットからのご注文・お問い合わせは
24時間、365日年中無休です。
ご注文方法
インターネットからのご注文は24時間受け付けております。
 → ご注文の
[ 詳細はこちら ]
個人情報のお約束
 当サイトで知り得た個人情報は、お客様のご希望による
 サービス提供以外の目的に利用することはありません。
 安心してお買い物下さい。
認証機関thawte 
個人情報の取り扱いについて
(プライバシーポリシー)
返品・交換について
 お客様のご都合によります返品・交換できかねます。
 ご了承下さい。
 詳しくは、こちらへ→ 
[ 返品・交換に関する詳細 ]
お問い合わせ
 ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください
 → 
[ お問い合わせフォームはこちら ]

店主
 〒578-0974
 大阪府東大阪市鴻池元町11-4
 仏像・仏具・密教法具・お線香 専門店
 法輪堂  店主 稲田 昌弘


 → [ 実店舗へのご来店につきまして ]



トップページ仏像仏具数珠念珠密教法具寺院仏具お香お線香ご利用案内メルマガサイトマップ