カートを見る

法輪堂取扱の商品につきまして

法輪堂では、主に仏教にかかわる宗教関連用具の中でも
当店が厳選したものを販売しております。
 
現在、こういった宗教関連用具も過剰供給の中
真に良いものが中々わかりにくい状況です。

そういった中でどのような仏具や仏像を
信仰篤きお客様へご紹介できるかが最大の問いとなっております。

当店では次の様なの思いや商品の選定を通して
お客様に商品をご紹介させて頂いております。


 1. 「信は荘厳より」

 2. ご信仰に篤いお客様へ

 3. 専門家の目を通して

 4. 産地と職人について

 5. 京仏具(仏壇・仏具)


信は荘厳より


 「信は荘厳より」という言葉がございます。

確かに釈尊入滅後仏教徒は久しく像を造ることを避けられてきましたが時が経つにつれて、多くの人達にわかりやすく仏教を広めるために輪宝を、または足跡をシンボルとしてその慈悲の心を表わしました。

そして出現した美しい仏像や仏具は、大乗仏教の興隆とともに釈尊の尊い教えを目で見て体感できる優れたツール(道具)となりました。

そういったすぐれた仏像や仏具は仏教美術となり、そのものの魅力で持って人々を釈尊の教えの根本的な素晴らしさを体感させ解脱へと導いてきました。

人々は、形があるものによって御仏と対話し、その永遠の生命を感じることができると思われます。


御仏と人との対話を演出するにふさわしい良質の仏像・仏具・宗教関連用具をご紹介して行きたいということが当店の思いです。

極上 色付印金極上 色付印金





ご信仰に篤いお客様へ


現在、法輪堂(HP店)へお越しいただき当店より商品をご購入いただきます多くのお客様は、ご信仰に篤いお客様でございます。

そういった方々のお声をお聞きいたしますと、信仰の対象となる仏像のみならず毎日のお勤めのお仏具に至るまで本当に良いものをお求めになりたいとおっしゃられています。

信仰篤きお客様のニーズにお応えする為に従来からは、あまり見られなかった繊細な意匠(デザイン)で気品に溢れ自然と手を合せたい気分にさせてくれる空間を創り出す仏具や

その尊顔を拝する時、心の安らぎが得られる仏像などを高品質の品を厳選してしてご紹介していきます。


蓮臥観音蓮臥観音

高品質の品は、材質も上質であり職人の技術レベルも高さが必要となります。手間も惜しみなくかけられ作り上げられます。それゆえ、高価になります。

例えば、仏像・仏具をより美しく見せる截金(きりがね)の技法を使い、熟練の職人により仕上げられた仏具は素晴らしいものです。その様な高価な品を手にした時、人はその品を丁寧に大切に扱うのではないでしょうか。

そういったものは、日が経つにつれ、色などの変化により品に味が出てまいります。

白檀塗りの様な明確に素材の変化を生かした仏具もございます。

 → 白檀塗りについて

又、次の様な彩色の工程を知っていただければより、当店がお客様にご紹介させて頂く商品の質を理解していただけるのではと考えております。

「木製の常花」 → 「金箔押の常花」 → 「彩色の常花」 → 「箔彩色の常花」

箔彩色とは、金箔の上から淡い彩色をしたものです。少し手を加える事により、より上品で高級感のあるご満足頂けるものが出来上がります。

 ● 彩色工房 取材ページより
http://www.e-horindo.com/craftsman/saisiki/post-100.html



より理想の色・姿に近づけようとすると材料の質も必要としより良い材質を使う事でしか出せないものがあります。例えば金は金でも本金でないと出ない色・輝き・艶があります。岩絵の具も天然のものと人工のものでは色など違います。

材料の段階でも天然の岩絵の具にする為に岩を砕いて作るという手間ひまが掛かっています。本物の漆は扱いにくくムラが出易いので何度も上手くいくまでやり直す事もあります。



生み出すにはより良い道具も大切です。

当然大切に手入れをされ手入れをする道具も上質のものが必要となります。

道具を選び道具を大事にし1つの材料を大切に合うものを選び材料を大事に使い1つ1つの作業により良いものが出来上がる様にと細かい作業も大切に丁寧にし、多くの人のぬくもりを感じて出来上がった[より良いもの]が誕生します。

取材させて頂いた職人の方々はどの方も金額以上のものを生み出そうとする努力を惜しまれません。



結果、お客様には高価なお買い物となってしまいますが金額以上の仕事をしようとする心のこもったものはきっと

「良いものを手に出来て良かった。」

と言って頂けるのではないかと思います。



手作りですので、無機質な物が溢れて慣れてしまった現代の眼にはちょっとした部分が気になってしまわれる事もあるかもしれませんがそれは手作りならではの味です。

その部分から作ったその人の心の温かさ・ぬくもりが伝わってきてそれも味としての良さを感じて頂けるのではないでしょうか。

また、一つ一つ丹精込めて作られてきた証でもあり、個性です。

[良いもの][ほんもの]からはそのものに込められた人の温かさがあります。

そしてきっと 「ほんもの・良いものはやっぱり違う。」と言って、当店がお届けするお品に御満足頂けると思います。


● 截金(きりがね)
仏画や仏像の加飾技法。金・銀の箔を長形・方形・三角形など種々の形に切って模様の部分に貼っていく。







専門家の目を通して


法輪堂では、知識・経験豊富で信頼ある仏像仏具専門問屋から商品を仕入れしております。必ず仏像や仏具の専門問屋を通して、当店に商品が入ってくるということでございます。

その理由は、当店で扱う商品の性質が他のものとは全く違うからです。

古来からの技法により造られるものも多く宗教上の深い意味を持つ商品の数々ですので丁寧に販売するには 様々な知識(各宗派での違い、地域での違い)が必要となってきます。

現在、お取り引きのある仏具専門問屋は、商品をもって来ていただくだけではなく、その仏具や仏像、密教法具等の商品に込められた知識も一緒に届けて頂いております。

専門知識に精通した専門問屋とのお付き合いは重要です。

こういった老舗専門問屋から信用のある販売店のみを通して、永年常に多くのご寺院様や篤信家の方々へ仏具や仏像、密教法具等をお届けしております。

こういった永年の実績がある商品が多いのも専門家の目利きの確かさゆえです。

また、専門職人の多くは、一つの作品(商品)を分業で仕上げることも多く、当店が実際に商品の仕上がり進行具合を見に行きたいときなど専門問屋に仲介してもらうことによりスムーズに現地に赴くことが出来るのです。高品質な仏具製作の専門職人は、小売店との直接販売を行っていない所も多く信頼のある専門問屋を通してでしか流通しない高級品は少なくありません。

 
以上のことから一つの商品に多くの専門家の目を通って来ることになり最終的に心のこもったより良い商品をお客様にお届けすることができるのです。



産地と職人について


法輪堂では、純国産~中国や台湾で製作した商品まで取り扱っています。しかし、海外の業者が大量生産にて格安で国内の販売業者へ持ち込んでいるような商品は、販売しておりません。

もちろん仏像仏具の製作技術は古来仏教の伝来とともに中国、韓国などの海外より伝わったものです。 しかしながら、それからの長い年月を経て日本で培われた仏教用具の製作技術や意匠(デザイン)は、独特な日本的なものとなっております。その日本独特の感覚を持つ商品を探し出し厳選しております。

そういった観点からお客様にご紹介する商品の産地、職人は、当店では以下の様な構成となっております。




法輪堂では、商品ページに京都製マークが付いているものは完全に京都の職人の手で製作されたものです。

京都製

商品ページに明示されていないものは。次の3パターンにて製作されているものです。

1.京都以外の国内で製作されている商品。

国内様々な場所で製作されております。また、一産地とは限らず2~3産地にまたがって製作されるものもございます。主に仏具関連に多く見られます。

2.中国、台湾等海外でベースが作られ、彩色・漆塗り・蒔絵・金箔貼などの工程から最終仕上げの完成まで京都など国内の職人が行う商品。

仏具や仏像などの高級品に多く見られます。こういった商品は、仕上げを京都を初めとする国内の彩色や蒔絵等の専門職人が行いますのでベースとなるものがあらゆる意味で半端なものではうまくいきません。したがって、ほとんどが受注製作品となり、高級品となります。どこでも販売している様な流通品では、ございません。

3.中国、台湾等で仕上げ完成まで行う商品。

国内の仏像・仏具職人が企画設計から製作指導を行って中国、台湾等の現地の職人が完成品を製作いたします。



法輪堂の商品は、国内で実績のある優秀な職人が設計した商品を販売しています。
 
製作につきましては、(※日本の専門的な監修の上で)台湾や中国の職人が製作を行う場合もございます。
主に仏像や木質仏具に関しましては、製作は中国・台湾等で行っております。上記2.3.に該当する商品でございます。
 
但し、デザインやコンセプトに関しましては完全に国内の優秀な職人が監修指導しております。又、製作職人も現地の選りすぐりの優秀な職人です。技術的に経験豊富だけではなく、作品の世界観も理解できる職人が製作をしております。
 




京仏具(仏壇・仏具)


tomitasyaka01.jpg

法輪堂ドットコムでは【京仏具】も取り扱っております。

京都は仏具の発祥の地でもあり、 その歴史は1000年以上にもおよびます。仏具の製作は分業制で、仏像彫刻、金具づくり、 漆塗りなど40以上の職種があります。

京都には高い技術をもった仏具の伝統工芸士が100人近くおり仏具を生産しています。仏具には、京都で製作され基準をクリアした「京仏具」というものがあります。伝統的な技術で繊細に制作された仏具です。

京都製

法輪堂では商品ページに京都製マークが付いているものは、完全に京都の職人の手で製作されたものです。

法輪堂ドットコムは、【京仏ソムリエによる京仏具】をお届けしています。

kyosomurie.jpg

「京仏ソムリエ」とは、
京仏壇・京仏具について、特に深い知識と経験を有する従事者に対して認定された称号です。

稲田法輪堂(法輪堂ドットコム)の仏像・仏具を 制作所や仏師さんや職人さんの技術面の繋ぎの役割で関わって頂いています。 特注品や寺院の仏具のことでは、見積もりなどからどの職人さんにお願いするか、作製するにはどのようなものが可能か 目利き、見立てたりも 担当さんの腕次第なので重要です。各宗派ご本山などの仏像・仏具の経験もあります。お誂えの仏像・仏具も多く仕上がっています。





お問い合わせはこちらへ




▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。