カートを見る

職人の現場から > 仏師 > 京都仏師工房訪問記(1)


京都仏師工房訪問記(1)


碁盤の目のようになった京の町。

京の人に言わせば、縦と横を座標軸のように考えれば

大体、住所を聞いただけでそこまで行き着くことが出来るそうですが
(上がる、下がるという表現)

他府県から来た人にとっては、まるで迷路のような感覚を覚えます。

まさに京都らしいと思われる。町並みの中に仏師工房は、ありました。

【心地よい緊張の中で】



お伺いして最初に玄関から中におじゃまさせていただいた
瞬間、木のいい香りがして、神聖な雰囲気に包まれました。
と同時に、某有名本山御用達仏師の証の木の看板が目に入りました。

そして、二階の工房へお招きいただいたのでした。




仏師先生は、先客とお話をされておられましたので、
お弟子さんに誘導されて
横の彩色や切金の作業をするお部屋で待つことになりました。

作業中のものが所狭しとおかれており、後でお聞きした所

全国様々な場所から
修復依頼をお受けになられた仏像や新しく製作されるものまであるとの事。

いろんなお仏像を食い入る様に見ている内に
先客の対応を終えられた仏師先生が、来られました。

いつかお会いしたいと夢にまで見た先生でした。



なので


かなり緊張していまい

頭が真っ白になって

自己紹介も早々にいきなりの質問をいろいろさせていただきました。

にもかかわらず、終始やさしくお答えいただいた。
先生には、感謝です。


 

 こちらは、製作途中の作品ですべては、お見せ出来ませんが

製作依頼された世界に一つしかない

美しい素晴らしい【如来様】でした。

見ていただければお分かりだと思いますが

岩絵の具の美しさは

なんとも言えない和の色彩で
やさしい御仏の世界が映し出されていました。


左の連弁連弁部分の【翡翠の粒(深緑の粒)】などは、

特別にお探しになられて

一つ一つ形の良いものを選び取り付けられていくそうです。

あたりまえですが、手間のかけよう、こだわり、根気

すべてが違うと感じました。


こちらの美しい如来様の説明をお聞きしている時に

不思議と後ろから何か感じるものがあり
(床の間のような空間でしたが)


お話の区切りがついた時に

後ろを見た瞬間


「あっ」



少し声をあげてしまいました。

眼に入ったのは...。







大きな木製の【お地蔵様】でした。


横たわっておられ

優しいまなざしでこちらへ

会釈でもされているような

穏やかなお顔をむけられていたのでした。



 

残念ながら、お顔などは、お見せ出来ませんが

また美しく生まれ変わるのを

楽しみに待っておられる様な表情をされておりました。

どのようなお地蔵様のお姿になられるのでしょうか。


年代は、正確なことは言えませんが

豊臣秀吉の時代より以前らしいです。



そうしているうちに、実際の工房の方へ

来るように促されました。


【御仏が新しく生み出され】

また

【古きものが美しくよみがえる】

現場へと踏み出していったのでした。



※ 見学させて頂いた工房名・所在地・お名前などについて
お答えは出来ません。


 - 画像・文章は転載不可です -


続きは、こちらです。  →  京都仏師工房訪問記(2)  

職人レポートインデックスページに戻る





▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。