カートを見る

仏像

 

- 京仏師による仏像とはどういうものであるのか -


(2) 可愛いお顔の仏像はつくらない

京仏師 冨田珠雲 阿弥陀如来

仏像を仏様と手を合わせます。
冨田仏師は、「可愛いお顔の仏像はつくらない。」とおっしゃいます。

理由は、「可愛い」は下に見ているということであり
仏様は人智を超えた存在であるので、
如来様は、お顔をきつめに彫るとのこと。 しかし
どこかに優しさも含んでいる様にと製作されます。

「例えば、快慶の阿弥陀如来なども一般の感覚からすると
お顔の表情は厳しくているように思う。でも、近づいて
下から見上げるとなんともいえないやさしさに包まれる感じを醸し出している。」

お顔をきつめに彫り、唇・手を優しく見えるように
彫ることにより遠くから見る時きつめに見えるけれども、
本当に困った時に足元に近づいてみた時には
出迎えられるように優しく見える仏様となるのだそうです。

しかし、ご依頼による仏様でもあり、望まれているお顔も大事ですので、
お顔は要望に添った微調整をして仕上げられますのでご安心を。

- 画像・文章は、転載不可です -

※画像は、冨田珠雲仏師に著作権・肖像権があり、転載・転用を禁止致します。

冨田珠雲 京仏師 ご依頼

仏師仏像は、受注製作となります。

 





▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。