カートを見る

仏像

大黒天 白檀 仏像

大黒天(柘植・白檀)仏像

柘植 大黒天 仏像


― 大黒天の概要 −
( だいこくてん )
主要経典(関連経典):
仁王経、大日経 など
その他:
毘盧遮那仏の化身
愛称:
大黒さま
サンスクリット名:
マハーカーラ(大暗夜叉)
功徳:
神徳、財宝、武徳、台所守護
安置されている寺院例: 
滋賀県 光明寺 明寿院・奈良県 興福寺 など多数  
大黒様として一般に親しまれているこの仏は、サンスクリット語で「マハーカーラ」といい、
マハーとは大、カーラは暗黒ということで大黒天と名づけられました。
このマハーカーラはもともとヒンドゥー教の最高神であるシヴァ神の別名で戦いの神でしたが、
これが仏教に取り入れられて大黒天になりました。

仏教でも大黒天は、大自在天の化身と考えられています。
また密教では、シヴァ神が大日如来にダキニという悪神を退治するように命じられたときに、
大黒天の姿に変身したとされています。

密教では、胎蔵界曼荼羅の外金剛部院の北側にあり、容姿は青黒い三面で、中央の顔は三眼、
手は六本で、右下の手は人間の頭髪をつかみ、左下の手で羊の角を持っています。
そして髑髏の首飾りをし、蛇の腕輪をした恐ろしい忿怒の姿をしています。

経典には、二臂の大黒天についても記されています。
頭に烏帽子を被り、袴をはき、裾が短くて袖を細く絞った上着を着ています。
右手は腰にあて、左手には大きな袋を持って肩ごしにかついでいますが
忿怒相の名残りを残して眉根をひそめた険しい顔をしています。

後世になると、「だいこく」という音が、因幡の白兎伝説の主人公の大国主命と通じることから、
民間で混同して信仰されるようになりました。

また、弁財天や毘沙門天と大黒天が合体した三面大黒などもあります。

日本では、中世以降になると、大黒主神と混同されて同一視されるようになり、
農耕の神、福徳円満の神として盛んに信仰されるようになりました。

今でもお寺の奥さんのことを「大黒さん」といいますが、
これは大黒天が庶民のあいだで台所のとして信仰されていたためです。
さらに九州や四国では、大黒天を田の神として信仰している土地もあります。 



農耕の神、福徳円満の神として盛んに信仰されている大黒天です。




仏像の大きさの見方


大きい仏像の制作






06-6744-4446




● ご購入

大黒天 白檀 仏像


大黒天 白檀 仏像


商品名

大黒天 白檀 仏像

商品番号

EN6904*18

EN6904*20

EN6904*23

寸 法

以下3寸法

仏身1寸8分

総丈:約15.3cm
 巾:約 7.8cm
奥行:約 7.0cm

仏身2寸

総丈:約17.0cm
 巾:約 8.6cm
奥行:約 7.8cm

仏身2寸3分

総丈:約19.3cm
 巾:約 9.8cm
奥行:約 8.8cm

仏像の大きさの見方

仕 様

白檀

納 期

【商品のお届けの目安】

要見積もり

納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。休業日を除く2~4日程お待ちください。



○1寸8分

販売価格 183,600  円(税抜170,000円)

購入数



○2寸

販売価格 216,000  円(税抜200,000円)

購入数



○2寸3分

販売価格 270,000  円(税抜250,000円)

購入数



カートの中身を見る

 

ご注文は電話からでも対応します。

注文フォーム ≪ 注文カートが
動かない時
FAX注文はこちらへ ≪ FAXのご注文
お支払方法について ≪ お支払の詳細 ご利用案内 ≪ 総合利用案内

お問い合わせ
お客様の声

送料について


法輪堂店舗
実店舗について


他の寸法や関連する商品



日蓮宗仏像(日蓮・三宝尊・大国天・鬼子母神)  
全商品見出しは、こちらへ

日蓮宗仏像



仏像の大きさの見方


大きい仏像の制作


大切なお仏像をお届けいたします。
繊細なお仏像のお取り扱い
法輪堂がご紹介するお仏像





▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。