カートを見る



浄土真宗 大谷派仏壇飾り



より良い仏具で
仏様の荘厳(お飾り)がしたい

ご自分の仏壇や
お祀りスペースに合った仏具を置きたい

ご自分の宗派のお飾りの方法がわからない

などのご質問がございましたら
いつでもご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でも大丈夫!
必ず、法輪堂店主がご相談を承ります。

① ご本尊

② 両脇侍(左右掛軸)

③ 灯篭(左右一対)

④ 瓔珞(左右一対)

⑤ 仏器仏器台

  華瓶・火舎香炉

⑥ 八角供花

(はっかくきょうか)

⑦ 具足・青磁透かし香炉

(ぐそく、すかしこうろ)

⑧ 前卓

(まえじょく)

⑧ 三角打敷

(三角打敷)

⑧ 下掛

⑨ 御文章箱

(たかつき)

⑩ 和讃卓・和讃箱

(わさんじょく、ごぶん

  しょうばこ、わさんばこ)

⑪ 過去帳・過去帳台

(かこちょう・かこち

  ょうだい)

⑫ 香合

(こうごう)

⑬ 線香差し

(せんこうさし)

⑭ マッチ消し

⑮ おりん一式

⑯ 経机・経机敷き


tenkenbutu001.png


↓ 下の各仏具の画像をクリックすると、商品ページに移動します。 ↓

① ご本尊

② 両脇侍(左右掛軸)

③ 灯篭(左右一対)

ご本尊

仏器台

灯篭

京仏師・国内仏師の仏像など,木仏点検の仏像の制作も

【仏 像】【掛 軸】

上質な京都表装の掛軸


④ 瓔珞(左右一対)

⑤ 仏器

⑤ 仏器台

瓔珞(左右一対)

仏器・仏器・茶湯器

仏器台

真鍮製・錫製・銅地製など

極上梨地仏器など


⑤ 華瓶・火舎香炉

⑥ 六角供花

⑦ 具足・青磁透かし香炉

茶湯器

八角供花

三具足・玉香炉


⑧ 前卓

⑧ 打敷

⑧ 下掛け

前卓

高月

高月

 

 


⑨ 御文章箱

⑩ 和讃箱・和讃卓

⑪ 過去帳・過去帳台

御文章箱

過去帳・過去帳台

過去帳・過去帳台

   

伝統工芸士による平蒔絵・磨粉蒔絵入りの過去帳・見台など


⑮ おりん一式

⑬ 線香差し

⑮ おりん一式

香合

線香差し

おりん一式

蒔絵入り・毛彫りなど

 

伝統工芸品の鈴や、家紋入りの鈴など


⑱ 経机・経机敷き

   

経机・経机敷き

 

 

本漆塗りの国産の経机など

 

三角打敷 人絹塩瀬赤 刺繍

三角打敷 浄土真宗紋

お東用 青磁 透し 香炉

おりん一式

おりん一式

おりん一式


三具足

 花瓶(花立)を1つ、ローソク立(火立)を1つ、香炉を1つの
 3つのものを飾ることを「三具足」といいます。

五具足

 花瓶(花立)を2つ、ローソク立(火立)を2つ、香炉を1つの
 5つのものを飾ることを「五具足」といいます。

報恩講や年回、新年、盆会などの特別に改まった法要の場合、前卓は五具足にし、
普段は三具足にしておきます。

四具足

 華瓶2つ、ローソク立1つ、火舎香炉1つの4品を「四具足」といいます。
 4具足は、仏壇の上壇に上卓がある場合に置きます。
 この華瓶には、樒などの青木を用います。色花はさしません。

打敷・水引(下掛)

 打敷は、上卓・前卓に掛ける三角形の布、
 水引は、前卓の周囲、打敷の下に張り垂らすものですが
 これらは法事や新年、報恩講などの特別な場合に用い普段はしまっておきます。

念珠の作法 (浄土真宗)

 念珠は数珠ともいい、合掌礼拝の時に用います。
 必ずひとり一つはもちたいものです。
 念珠のもち方は、合掌する時は両手で掛け、
 房を垂らして、親指で軽くおさえます。
 そのほかの時は左手に掛けます。

焼香の作法 (浄土真宗)

 本尊に一礼し、前に進んでをつまみ、静かに一回、
 香炭などの火種にくべて合掌礼拝します。
 線香は、香炉に入るくらいの長さに線香を短く折り、
 火をつけ、横に寝かせます。

ローソクの作法

 おつとめの終わりには、忘れずローソクの火を消します。
 口で吹き消したりせず、ローソク消しか、手で扇いで消します。


このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。