カートを見る

仏具

> > りん(鈴)

りん(鈴)


邪気を払い心を鎮める仏具
りん(鈴)


輪(りん)とも書き、勤行をはじめる前と終わった後に打ち鳴らします。りんは禅宗で用いたのが始まりとされています。 銅合金を材料として鋳造前には型を焼成したものが多く、梵音具とも呼ばれます。

法輪堂では、在家様およびご寺院様で評判よく実績があり、特に美しくのびやかな音色の鈴(りん)を集めました。

勘三郎りんとは
伝統工芸士作 勘三郎りん

家紋入り勘三郎りん 家紋入り りん

・勘三郎りんを納めさせて頂きました
 お客様のお声

















▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。