法輪堂 拝観日記

日蓮宗の総本山の山梨県の身延山 久遠寺に行ってまいりました。

日蓮宗の総本山の山梨県の身延山 久遠寺に行く機会に恵まれまして、行ってまいりました。


minobusan01.jpg

【身延山 久遠寺】
日蓮宗の総本山で、山号は身延山(みのぶさん)。
祖師日蓮の寺として、祖山ともいう。

1274年(文永11)、日蓮は地頭の南部(波木井)実長の招きで身延に入り、6月17日に西谷の草庵に隠棲。この日を久遠寺の開創とする。1282年(弘安5)、日蓮は武蔵の池上宗仲邸で入滅し、遺言で遺骨は身延に納められた。草庵と廟所を中心に寺院化した久遠寺は、弟子日向の門流が受けつぎ、15世紀中ごろ、久遠寺11世日朝が堂宇を現在地に移す。

身延山は、「"南無妙法蓮華経"の題目を唱えていれば、死後は霊山浄土に往ける」と説く日蓮宗の教えを具現化した山で、法華経信仰のあふれるこの世の浄土と考えられてきた。久遠寺はその中腹にある。

『法華経』の功徳は、「南無妙法蓮華経」の七字の題目にすべて込められていると日蓮は説き、文字が読めなくても『法華経』との縁が結べるということから、庶民に深く浸透した。


minobusankanromon.jpg

 

朝の勤行

minobusanasa.jpg


 前日に宿坊で朝の勤行に参拝させて頂けると知り、初めて参拝させて頂きました。朝6時ごろの境内は真っ暗。堂内からの光だけがポツンと明るく見えるだけ。明かりを目指して歩いて行きました。

 最初は本堂に入りました。この日は法主様がいらっしゃり、ご法話もありました。お忙しいので珍しいそうです。日蓮宗の個人的なイメージはパワフルと思っていましたが、法主様のお言葉からは静けさと広がりを感じました。ご法話の最後に一緒に「南無妙法蓮華経」と唱えさせて頂け貴重な経験となりました。

 天井に黒龍の下で読経と太鼓の音が響く中で焼香の後、最後に散華を頂きました。南無妙法蓮華経の後ろには、祈 東日本大震災復興。東日本だけでなく熊本地震復興などの祈祷も。

 次に祖師堂に移動し、こちらでもありました。6時から始まり、終わったのは7時30分頃。まだ真っ暗だった外は、明るくなっていて桜が咲いていました。本堂から祖師堂へ移動する回廊の本堂後ろ横の紅葉が見事でとても美しかったです。



仏 殿

minobusanbutu02.jpg

minobusanbutu03.jpg

【しだれ桜】
祖師堂前には、「全国しだれ桜10選」にも選ばれている名桜がある。

(写真は、仏殿前の桜。この桜は、樹齢400年と伝えられる。)

御真骨堂・拝殿

minobusansosi01.jpg


拝殿の後ろに御真骨堂。

『法華経』から引用された「而実不滅度」の額を掲げる。日蓮聖人の御真骨を奉安する。

祖師堂

minobusansosi02.jpg

minobusansosi05.jpg

【祖師堂】
祖師である日蓮をまつる堂は、日蓮の神霊が棲みたもう堂角ゆえに、棲神閣(せいしんかく)ともいう。喰う殿に日蓮の御影像、その左右には日蓮の両親の霊牌ならびに直弟子である六老僧の像を祀る。

五重塔・大鐘

minobusangozyuto.jpg

本 堂

minobusanhonden01.jpg

minobusanhonden02.jpg

 本堂の正面の須弥壇に、曼荼羅本尊・釈迦如来像・多宝如来像などの像がまつられています。(立体曼荼羅)
朝の勤行で、「これがいつも小さい仏像で見ていた日蓮宗の仏壇のまつられる本物なんだ!」と感動のような輝かしく見えるような気持ちでしばらく見上げていました。もうこの時間が朝早いとか、寒いとかいうものすべて忘れ去りました。

身延山ロープウェイ

minobusanropu.jpg

高低差763m。(関東一)




奥之院思親閣

日蓮聖人立像

minobusanoku02.jpg


【奥之院思親閣】
日蓮聖人が身延山にご隠棲の9ヵ年の間、風雨厭わず山頂へ登られ、故郷の房州小湊を拝しご両親様お師匠様をお慕いなされた故事に因んで建てられたお堂。

御手植え杉

minobuoteue01.jpg minobuoteue02.jpg


日蓮聖人がお手植えされた4本の杉。



思親閣仁王門

minobusansisinkaku.jpg

【思親閣仁王門】
日蓮は機会があれば山道を登り、身延山頂のこの峰から故郷の房総半島に向かい、両親を追慕したと伝える。
運慶作との寺伝がある密迹金剛像と那羅延金剛像が寺域を守護する。

門の左右に格子のガラスが入っているのが見えます。門をくぐってしまわず、左右の扉から中をのぞき見上げると・・・、迫力あるすごい目力の仁王様と目が合い、のぞきこんだ一瞬だけで戻りました。それだけの迫力で瞬間に目が合いました。ぜひ忘れずお会いになってください。

手水舎

minobusanoku04.jpg

祖師堂

minobusanoku03.jpg

東側展望台

minobusantyo01.jpg

【富士山と天守山地】
毛無山・富士山・三石山・思親山



七面山展望台

minobusantyo02.jpg

【七面山】(標高1982m)
久遠寺の守護神・七面天女を祀る。
七面山登拝行の聖地。



あいにく雲が多くて、山が見えませんでした。しかし、朝の勤行にも参拝させていただけて貴重な体験をさせて頂き感謝です。














このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。