法輪堂 拝観日記

西本願寺 唐門への道



西本願寺の国宝「唐門」。

西本願寺にはよく行くものの御影堂門や阿弥陀堂門から入るので
唐門を見せて頂いたことがありませんでした。

「次は唐門へたどり着きたい!」と思っていてようやく機会が来ました。

その日の1回目のチャレンジでは、やはり失敗。
理由は、門と言えば道路に面していると思い
「外側からまわって見るもの」と思っていたからです。

西本願寺のすぐ隣は興正寺。
西本願寺との間に道路がわかりません。
興正寺の外回りまでぐるりと回っても
たどり着きそうになく時間切れとなり退散。

西本願寺

西本願寺の近くで過ごしていたので、お昼休みにリベンジ。
地図をしっかりよく見て、内側からまわることに。

まずは阿弥陀堂へ。
次に
御影堂。

書院前を通り、いざ唐門へ。

西本願寺 唐門

西本願寺 唐門

西本願寺 唐門

【唐 門】  (国宝) 桃山時代 
伏見城の遺構 四脚門。
 
眺めていると日の暮れるのを忘れるといわれ
「日暮門」とも呼ばれています。


「西本願寺 拝観日記」はこちら。

「立教開宗記念法要(春の法要)特別公開 拝観」はこちら。





--------------
--------------






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。