法輪堂 拝観日記

愛染堂 勝鬘院 拝観日記

聖徳太子が開いた施薬院に始まると伝えられる
愛染堂 勝鬘院へ行って来ました。

西国愛染十七霊場第1番札所

593年 聖徳太子創建 豊臣秀吉再建

愛染堂.jpg

金 堂

金堂は、聖徳太子によって創建
徳川秀忠の手によって再建。

本尊・愛染明王
薬師如来・勝鬘夫人(弁財天)・歓喜天・十一面観音


愛染堂2.jpg

十一面観音は、十一面観音坐像でした。

聖徳太子が勝鬘経というお経を人々に講ぜられ
勝鬘経に登場する勝鬘夫人の仏像を
本堂にまつられているので
愛染堂は勝鬘院と呼ばれていました。

愛染堂4.jpg

金堂入口には、イラスト入りの
愛染明王 祈願用紙のお祈りの仕方が貼ってあり
親しめ分かりやすいです。

金堂前には、左に慈母観音・右に慈父地蔵が立っておられます。

多宝塔 (国の重要文化財/旧国宝)

多宝塔の中には、豊臣秀吉が戦勝祈願のために
造像させたといわれる 大日大勝金剛尊像と、
極彩色で描かれた十二天の壁画と柱絵が 奉安されているそうです。

愛染堂3.jpg






--------------
--------------






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。