法輪堂 拝観日記

特別展『鎌倉の仏像』に行って来ました!

奈良国立博物館での 
『武家のみやこ 鎌倉の仏像 
-迫真とエキゾチシズム-』 に行って来ました。 

鎌倉の仏像

予習をしていなくて「鎌倉の仏像」とだけ覚えていたので 
「鎌倉時代の仏像なのかなぁ」と早とちりをしていました。

鎌倉時代の仏像でも間違いではないのですが、 

康慶・運慶・快慶ら 慶派の仏師による新しい仏像の様式は、 
将軍や御家人など鎌倉幕府の要人が
自らが建てた寺院の造仏にも競って
慶派を登用した結果 鎌倉・東国に浸透していきました。

また、禅宗文化が花開き 中国風の仏像も生み出された結果、
バリエーションに富んだ仏教彫刻が残されています。
奈良から生まれ、鎌倉に根づいた仏像
鎌倉彫刻発祥の地 奈良での公開となります。


【迫力の十二神将像】
十二神将と立像(鎌倉国宝館)
鎌倉の仏像
左上 十二神将像の戌神
十二神将像は、鎌倉前期の慶派の特色が認められる像です。
特に戌神は、北条義時の危難から救った霊像とされ
もっともすぐれた像域で、指導的仏師によるもののようです。
どの像も、スピードの動きのあるような表情も豊かな
素晴らしい像でした。戌神の表情には深みを感じます。   

【中国風?文殊菩薩像】
文殊菩薩立像(阿弥陀寺)
頭上に5つの髻を結う「五髻文殊」
と称される 文殊菩薩像の一遺品。
蓮の花をもち立っておられるお姿で
どこか愛らしさも感じる像でした。

初江王坐像 (円応寺)
鎌倉の仏像

 【ポストカード売り切れ】
観音菩薩坐像 (浄光明寺)
鎌倉の仏像

【転法輪印(説法印)を結ぶ坐像】
釈迦如来坐像 (極楽寺) 

【遊戯坐像】
片手を地面につき、片足を踏み下げてくつろいだ姿勢をとる像
↓↓↓
水月観音菩薩遊戯坐像 (東慶寺)
白衣観音像 (建長寺)
この坐像と仏画には感動でした。
像からの雰囲気は、写真では全くの別物で...
この姿勢で月を見て瞑想されているそうです。
このゆったりした姿勢で...素晴らしいです。 
鎌倉の仏像

しかし遊戯坐像は、日本ではあまり広まらず
右足を立てた姿は、右足を横に倒す形となったそうです。
日本らしい(?)かなとも思いました。 

【法衣垂下像】
着衣の裾を台座に長く垂らして坐る仏像

【頂相彫刻】
面貌表現も微細にわたり、着衣も質感まで
見事にとらえる実在感がある像

【裸形像】
全身裸形とし、実際に布製の着衣を着せる

【像内体部 背骨・肋骨を朱で描かれた怒り天神像】
天神坐像 (荏柄天神社)
頭部に十一面観音像が安置されていたそうですが
納入物は失われたそうです。 骨格等を朱描されるのは、
木彫像に生身性をふよする生身思想の表現だそうです。
像内でので、写真での展示ですが生々しく見え
生きているという表現・想いが伝わってくるようでした。

おまけ
鎌倉の仏像
ちっさなお子様が台に乗って 穴から顔を出すための台が、
蓮の形をした台です。

 ■武家のみやこ 鎌倉の仏像 -迫真とエキゾチシズム-
奈良国立博物館
平成26年4月5日(土)~平成26年6月1日(日)
武家のみやこ 鎌倉の仏像 -迫真とエキゾチシズム- (奈良国立博物館サイト内)











このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。