法輪堂 拝観日記

和合を進め、お互いの「ことば」を唱える試み

東寺で行われた人類平安などを願う法要は、

石清水八幡宮の神職が般若心経を、
僧侶が神道の大祓詞を唱えられる
という合同法要であったそうです。

一緒に祈りを捧げるという場から、さらに和合を進め
お互いの「ことば」を唱える試み。

石清水八幡宮での4月3日の祝祭でも
東寺の僧侶が出向き共に祈りを捧げられる予定。

↓ 記事に動画もあります





このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。