法輪堂 拝観日記

卑弥呼の鏡は、魔鏡

邪馬台国の女王・卑弥呼の鏡ともいわれる「三角縁神獣鏡」。

鏡面に光を当てると、反射した光に鏡の背面の
文様が現れる魔鏡であることが分かりました。

魔鏡は、鏡面にないはずの模様が光によって
映し出さる高度な技術によって生み出されます。

神獣鏡の背面には、霊仙や霊獣、唐草文が浮き彫りにされています。
古代の銅鏡の使われ方の解明する貴重な発見となりました。

「卑弥呼の鏡」は魔鏡、背面の文様を投影(読売新聞)





このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。