法輪堂 拝観日記

「薬師寺 東塔水煙 降臨展」に行ってきました

奈良の薬師寺の 修理中の国宝の東塔。
薬師寺で唯一創建当時より現存している建物で、 「凍れる音楽」という愛称で有名です。

薬師寺 拝観日記5.jpg 2010年撮影【東塔(国宝)】


薬師寺 東塔水煙 降臨展
2013年9月16日~11月30日


塔の屋根から上にの金属部分の頂部の飾り「水煙」が見ることができる「薬師寺 東塔水煙 降臨展」に行ってきました。
解体修理中のため地上34mの高所にある相輪(塔の屋根から上にの金属部分すべて)を間近でみることができます。


修復中の東塔

higasito01.jpg

どのような状態なのか見えません。
すぐ横に、 薬師寺 東塔水煙 降臨展の会場があります。

東塔水煙降臨展 会場

korinten2.jpg

中に入ると、なんと
「写真いいですよ。皆さんに見せてあげてください。」 と言ってくださったのです。撮影させて頂きました。

korinten01.jpg

阿弥陀如来像・広目天像・不空成就如来像・多聞天像・アシュク如来像・持国天像・宝生如来像と
こんな風にお仏像が並んでおられてました。

阿弥陀如来像(江戸時代)

薬師寺 東塔 阿弥陀如来

水煙

白鳳期の東塔水煙。
水煙には、塔を災いから守る祈りが込められています。
他の塔では火焔紋様をデザインした例が多い中、薬師寺東塔では水煙です。

薬師寺 東塔 水煙

水煙 透かし彫り

水煙の飛雲の中に24人の飛天が舞っている透かし彫りとなっています。

薬師寺 東塔 水煙

9枚の輪・心柱を包む金側管

縦に連なる9枚の輪は、古代インドの塔上にあった傘蓋のなごり。
塔の中心を貫く心柱を包む金属管には、創建の経緯を語る「檫銘」が129文字、刻まれています。

kuran01.jpg

相輪

rin01.jpg

相輪は檫管に乗せられているだけで金具等で留められず、この状態で組まれています。

復元された相輪風鐸

hu.jpg

落下した蓮弁

相輪の一番上にある「宝珠」とその下の「竜舎」は、底部は蓮の花弁に包まれています。

kaben.jpg

水煙止め金具

kanagu01.jpg

白鳳伽藍復興御用材 台湾檜 樹齢1000年

zai.jpg







このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。