法輪堂 拝観日記

相国寺 承天閣美術館「伊藤若冲の名品展」

相国寺 承天閣美術館での 「伊藤若冲の名品展」に行ってきました。

 伊藤若冲(1716~1800)は、 
江戸時代中期の京にて活躍した絵師です。 
伊藤若冲の名品展.png

展示室に入ると、常設展示の金閣寺書院を飾っていた 
伊藤若冲の襖絵などがありました。 

 「若冲の画風ってこうだったかなぁ。」と 
少し記憶との違いを感じつつ進みました。 
伊藤若冲の名品展3.png

名品展の展示室に入って、
「これが若冲だ。」
と思う 極彩色鮮やかな、くっきりした縁どりの
 【釈迦如来像・文殊菩薩像・普賢菩薩像三幅対】の 
3幅の掛け軸が目に飛び込んできました。 

 画像に写っている看板にもある【竹虎図】の
 愛嬌ある虎の表情・仕草・毛並み。 
伊藤若冲の名品展2.png

【菊虫図】には、白で縁どられた美しい菊のあじ、 
その中にそっと探さないと見落としてしまいそうな 蟻やカマキリ。 

襖絵でたくさんのニワトリがエサをついばんでいる姿の 【中鶏左右梅図】。
 しっぽのラインの勢いと美しさ。 1羽ずつしっぽの形がちがい見事でした。 

そして、やはり【伏見人形図】には ホッコリ和みました 
伊藤若冲の名品展
 美術館の玄関前に、蓮が咲いていました 

【MIHO MUSEUMの「若冲ワンダーランド 観覧日記」はこちら。








このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。