法輪堂 拝観日記

大阪天満宮の天神祭

(拝観日記ではありませんが、天神祭の説明です。)

 祭りの起源は、大阪天満宮が創建された翌々年の天暦5(951)年。

社殿前の川岸から神鉾を流し、流れ着いた所を祭神の御旅所と定めた

「鉾流神事」から始まった。全国的に有名になったのは、町人文化が

栄えた元禄時代のこと。淀川沿いの市場が繁栄するに従って、御旅所周辺

の町では「御迎え人形」が作られるなど、盛大さを増していった。

 大阪天満宮の御祭神は、菅原道真公。

平安中期の天暦5(951)年に創祀された。

天神祭は、大阪天満宮の夏大祭にあたる。

祭りの期間中はは境内にて御迎え人形の展示もあるそうです。





このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。