法輪堂 拝観日記

両国回向院にて善光寺出開帳

東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院 
平成25年4月27日(土)~5月19日(日)

「善光寺出開帳両国回向院」は、東日本大震災で亡くなられた多くの方々のご供養と
被災地の復興支援を目的とし、善光寺御本尊のご分身である出開帳仏、そして
陸前高田の被災した松で造立された地蔵菩薩像などを奉じて厳修いたします。
(善光寺 公式サイトより)
 

「出開帳か。で、出開帳って何だろう?」と思い
気になったポイントは
↓ ↓ ↓
参詣すると来世の極楽往生がかなうとされる善光寺は、
江戸時代、誰もが一度は訪れたいと願う場所で、
1778年(安永7年)の出開帳には、60日間に約1603万人が詣でたとされる。
       ■ 善光寺の仏像 両国に ≫ (YOMIURI ONLINEの記事)

誰もが一度は訪れたいと願った場所が善光寺であったならば
その善光寺御本尊のご分身「出開帳仏」を拝みたいと思う気持ちに納得しました。
日本最古の仏像とされる本尊の「一光三尊阿弥陀如来像」と同じ姿だそうです。

そこで今回東日本大震災で亡くなられた方のご供養と被災地の復興支援での善光寺出開帳。
回向院での善光寺の出開帳は、直近が1940年(昭和15年)。

〔出開帳とは〕
出開帳とは、普段拝することのできない寺院の本尊などを地方に出張し、
一定期間拝むことができるよう祀ること。
(善光寺 公式サイトより)

〔出開帳仏〕
■ 善光寺、復興支援の出開帳 都内で4~5月、戦後初 ≫ 
※(msn 産経ニュース sankei photoの記事 「出開帳仏」写真あり)

■  善光寺が都内で出開帳...被災地復興を支援 ≫ 
※(YOMIURI ONLINEの記事 参拝客に公開された「出開帳仏」写真あり)

■ 善光寺出開帳に向けて「出開帳仏」が善光寺を出発 ≫ 
※(NBSハチポワールドの記事 動画あり 出開帳仏が新幹線で)

〔牛に引かれて善光寺まいり〕
洗濯をしていた布を牛が角に引っかけて走り出したので
追いかけて行ったら善光寺の金堂前まで来てしまった。
牛の姿は見えなくなり、足下におちていた牛のよだれが
文字に見えて読んで菩提の心を起こして一晩念仏を称えました。
家に帰り、近くの観音堂にお参りしたところあの布が
観音さまの足下にあるのをみつけました。
牛に見えたのはこの観音菩薩の化身だったと気づき
善光寺の仏さまを信じて極楽往生を遂げました。

※(善光寺 公式サイト)

※(信州長野 善光寺参り【国宝善光寺を100倍楽しむ方法】)

---------------------------------------------------------------------------
東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院

平成25年4月27日(土)~5月19日(日) 
両国回向院


■ 「善光寺出開帳両国回向院」 ページ ≫ (善光寺 公式サイト内)






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。