法輪堂 拝観日記

大将軍八神社 拝観日記

方除守護神の神社「大将軍八神社」に行ってきました。

大将軍八神社5.jpg

平安建都の際に都城の方除守護神として造営されたのが始まりとされ
大将軍とは、陰陽道にいう星神天大将軍で、方位をつかさどる神です。

大将軍八神社2.jpg

大将軍八神社1.jpg

大将軍八神社4.jpg

大将軍八神社6.jpg


【方徳殿(宝物庫)】
大将軍八神社3.jpg

八十体の大将軍神像群(重要文化財)が立体星曼荼羅様に安置されています。
開館日は、5月1日~5日、11月1日~5日。

ご神像は木像で、平安時代中期から鎌倉時代にかけて奉造。
像の形式は、武装像50体、束帯像29体、童子像1体となっています。

残念ながら開館日ではなかったので」、
入り口横の大将軍神半跏像にご挨拶してきました。

宝物庫の中の様子は、
下の京都宝物館探訪記のリンク先に
写真入りでくわしく説明が書かれてています。

---------------------------------------------------------------------------
■ 大将軍八神社 ページ ≫
■ 「京都宝物館探訪記 大将軍八神社」 ページ ≫
(京都であそぼうART サイト内)
---------------------------------------------------------------------------






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。