法輪堂 拝観日記

六道珍皇寺 拝観日記

先祖の精霊を家に迎える「六道まいり」で知られる
六道珍皇寺へ行ってきました。

六道珍皇寺3.jpg

六道とは、仏家のいう(地獄、餓鬼、畜生、
修羅、人間、天上)の六種の冥界をいい、
死後、霊は必ずどこかに行くといわれています。 

六道の辻.jpg

六道の辻はその分岐点で、小野篁が
あの世とこの世の従来に使ったとされる
「冥土通いの井戸」があります。
8月7日~10日には精霊を迎える六道詣りの人が訪れます。

六道珍皇寺.jpg

地獄の冥官小野篁の伝説が残る現世と冥界に建つ寺
地獄の冥官小野篁の伝説が残る現世と冥界に建つ寺.jpg

【閻魔・篁堂】
閻魔 篁堂.jpg

篁作といわれる閻魔大王像と、小野篁像がまつられています。
堂は閉まっていますが、下の方に小さい格子窓のガラスの部分があり
そこから拝見させて頂けました。

六道珍皇寺 迎え鐘.jpg

六道珍皇寺2.jpg

ご本尊・薬師如来がまつられています。

六道珍皇寺5.jpg

建物の右側に

六道珍皇寺4.jpg

「篁 冥土通いの井戸」の説明がある扉に行くと

篁 冥土通いの井戸.jpg

篁 冥土通いの井戸3.jpg

普段は、格子窓越しに となります。

 【篁 冥土通いの井戸】
篁 冥土通いの井戸2.jpg

篁 冥土通いの井戸2a.jpg

遠くて分かりにくいので、井戸を青丸で囲んでみました。
寺宝展のポスターでは、左側の写真の井戸が
「冥土通いの井戸」です。

六道珍皇寺 寺宝展.jpg

ポスターには、2つの井戸の写真があります。
右の新しい井戸は?

「冥土通いの井戸」は、篁が閻魔大王のもとへ
向かう入り口だったとの伝承がありますが、

冥土からの出口の井戸は、 化野にあったとの説があります。

そこに昨年、六道珍皇寺の隣で新たに井戸が見つかりました。
境内にあったと伝わる出口の井戸と推定し、整備されたそうです。

名前が、「黄泉がえりの井戸」だそうです。

[関連記事]  
*小野篁ゆかりの井戸公開 東山・六道珍皇寺(京都新聞)

井戸・お仏像・堂内など格子越しで拝見しましたが、
寺宝展などの期間は公開されるようです。

--------------------------------------------------
■ 「六道珍皇寺 秋の特別寺宝展」
六道珍皇寺
2012年11月17日(土)~25日(日)
--------------------------------------------------








このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。