法輪堂 拝観日記

西大寺 拝観日記

奈良市の 真言律宗 総本山 西大寺に行ってきました。

 称徳天皇により、奈良時代に 鎮護国家と平和祈願のために
 「西の大寺」として建てられ 鎌倉時代に叡尊を中興開山としています。

 【東門】 
東門.jpg

かつては、東大寺と並ぶ西の大寺であった西大寺。 
平安・室町期の火災や兵乱で焼亡し、 
奈良時代の十分の一の寺域となりました。 

西大寺.jpg

 門を入り歩いていくと、 

玄武.jpg

 玄武の石碑がありました。 
その向かい側に

 【四王堂】 
四天堂.jpg

 本尊:十一面観音立像(重文) 
四天王立像(重文) 

≪十一面観音菩薩像≫ 
十一面観音菩薩木造漆箔 像高1丈8尺。 

右手に錫杖、左手に華瓶。
 長谷式十一面観音像です。 

見上げて拝見する大きさの観音様に 
奈良の大仏様を見た驚きに似た感覚になりました。 

 ≪邪鬼≫≪四天王立像≫ 

 金銅四天王立像に踏みつけられている「邪鬼」。 
西大寺の創建は、称徳天皇が 
7尺の金銅四天王造立を発願したのにはじまりますが、 
火災により創建当初のものは、「邪鬼」と、「塔の礎石」のみです。 

 四天堂を出て右側へ行き、幼稚園の前に 
堂本剛さんの植えられた 「ソメイヨシノ」の木がありました。 
奈良市特別観光大使であり、幼稚園の卒園生なのだそうです。

【不動堂】
不動堂.jpg

 【本堂】 
本堂.jpg

本尊:釈迦如来立像(重文) 
文殊菩薩騎獅像及び四侍者像(重文) 
弥勒菩薩坐像 

本堂に入って、拝観の券を切って貰う所に 
愛らしい同じ童子の写真が数点あり、 
「きっと、注目の童子なのだろう。」と進んでいくと 
真ん中に、珍しい立っていらっしゃる釈迦如来立像が。 
清涼寺の釈迦如来像を模彫した像なのだそうです。 

博物館などでは拝見したことはありますが 
お寺でおまつりになっている釈迦如来で 
立像はあまり記憶がなく 

本堂内の壁には、灯りをともされた灯篭が 
ずらっと何段にも並べられ 
ポスターなどで見た事がある印象深い光景なのですが、
 
やはりその光景が目に入らないぐらいに、 
釈迦如来立像に惹かれました。 
お寺の堂内でおまつりになっている釈迦如来立像も 
新鮮ではありますがよかったです。 

と、たっぷり感動したのですが 
向かって右側には、 
これまた大きな弥勒菩薩坐像。 
大きさ 丈六だそうです。 
大きいし、近いし 
お顔の表情も親しみを覚える印象で 
とても嬉しく感動しました。 

大変満足したところで、向かって左側に進むと 
文殊菩薩騎獅像及び四侍者像。 
(善財童子像・優填王像・仏陀波利像・最勝老人像) 

それはそれは素晴らしい文殊菩薩様で、 
圧倒され見惚れるお姿でした。 
乗っておられる獅子は、迫力がありますが 
どことなく愛嬌のある様なお顔に見えました。 

中国の五台山で信仰された 
文殊像の形式にのっとって制作されたものだそうです。 

そして、入り口でたくさん見た童子 「善財童子」が 
獅子の向かって右側におられました。 

文殊菩薩像、そして 四侍者を含めての全体像を 
何度も交互に見比べて浸っていました。 

「ところで、善財童子とはなぜ注目なのか。」
 と眺めていくと前に説明書きが貼られていました。
灰谷健次郎さんの小説『兎の目』の 
1節に登場しているのだそうです。

 「あいかわらず善財童子は美しい眼をしていた。 
ひとの眼というより、兎の眼だった。 
 それはいのりをこめたように、 ものを思うかのように、
静かな光をたたえてやさしかった。」 
 (灰谷健次郎「兎の目」より) 

説明書きを読んで、
善財童子を見てを何度も繰り返していると 
灰谷健次郎さんがおっしゃっているのが共感できるようになりました。 

と同時に何もない状態でこのように感じられ
文章にされる 灰谷さんの感性の素晴らしさも感じました。 

善財童子の話はまだ続きます。 
ところで、善財童子はどのような方なのでしょうか?
 調べてみました。 

文殊菩薩の指南で、各地の指導者(善知識)を訪ね 
最後には普賢菩薩のもとに居たり菩薩道を極めたという
 『華厳経』入法界品にある善知識歴参の説話をあらわす 
東大寺の「華厳海会善知識曼荼羅」で知られています。 

思い出しました。 
その曼荼羅は、奈良国立博物館での
特別展 「西国三十三カ所 観音霊場の祈りと美」で拝見して 
各指導者の前で色んな姿勢の善財童子の姿が とても印象深く残っています。 

【愛染堂】 
愛染堂.jpg
 愛染明王坐像 
忍性菩薩画像 
興正菩薩寿像(重文) 

≪興正菩薩(叡尊)坐像 重文≫ 
本堂にまつられている「興正菩薩(叡尊)坐像」は、 
愛染堂にまつられている「興正菩薩(叡尊)坐像」重文 
を基に作られた像だそうです。 

「興正菩薩(叡尊)坐像」の前の 
こちらから向かって左側に 
「東日本大震災犠牲者菩提也」(正しく記憶できておらずすみません。) 
と書かれた塔婆がありました。 

≪茶盛≫ 
西大寺と言えば、 「大茶盛式」の名物行事だそうです。 
お茶を飲む人と、左右の人も支えなくては 
飲めない程の直径30cm 重さ約10kgの 
大きなお茶碗の展示もあります。 

 「お茶盛」とは、何でしょう? 
 叡尊が、お正月にお寺なのでお酒はふるまえないので 
お供えしていたお茶を来てくれた人にふるまい 
多くの人に飲んでもらうのに、 
まわし飲みをして貰ったのが始まりなのだそうです。 

 ≪愛染明王像≫
愛染明王.jpg
 ご本尊の愛染明王坐像は、秘仏で拝見できませんでしたが 
厨子の前にも愛染明王坐像がまつられています。 
とても小さい像ですが、厨子の中の秘仏と全く同じ大きさなのだそうです。 

横にも愛染明王像が数体あり、 
中には持っておられるはずの矢がない
いわれのある愛染明王像もありました。 

上のポスターがその秘仏の愛染明王坐像だそうです。 
1月と、10月に開扉日があります。 

-------------------------------------------------- 
--------------------------------------------------






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。