法輪堂 拝観日記

雪の中の後鳥羽天皇・順徳天皇 大原陵・大原法華堂

京都大原の三千院から勝林院に
行く道の右側に、「大原御陵」。
もう少し進むと「大原法華堂」があります。

「大原御陵」の入り口です。
御陵.jpg

左に曲がって入っていきます。

後鳥羽天皇・順徳天皇 大原陵(おおはらのみささぎ) です。

陵 ・・・ 天皇・皇后・太皇太后及び皇太后を葬る所

十三重塔のところが、後鳥羽天皇(第82代)陵
真ん中「円丘」のところが、 順徳天皇(第84代)陵 


「後鳥羽天皇」は、平安末期から鎌倉初期の第82代天皇で
承久の乱を起こしましたが、幕府の大軍に完敗。 
隠岐にて崩御されました。 

「順徳天皇」は、父の討幕計画に協力したとして佐渡に流され、
佐渡で崩御されました。

順徳天皇は、佐渡にて後鳥羽天皇が愛された菊を見て
菊を見ると都を忘れることができるとおっしゃったところから
その花が「ミヤコワスレ」と名付けられたそうです。
大原御陵周辺には、「ミヤコワスレ」がいっぱいに咲いていたそうですが
鹿に根まで食べられてしまい、今では川の入り込んだところで見られるぐらいになったそうです。


「大原法華堂」です。
大原法華堂.jpg

後鳥羽天皇の冥福を祈るために建てられました。

ご本尊は普賢菩薩で、非公開だそうです。
また、聖徳太子の幼い頃の像(非公開)もあると
御陵の説明をくださった方が教えてくださいました。

--------------------------------------------------


--------------------------------------------------





このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。