法輪堂 拝観日記

三千院 拝観日記

京都大原 三千院に行ってきました。

三千院 拝観日記1.jpg

【 三千院御殿門 】

【客殿】には、
蒔絵を施されたお道具の数々が色々展示されていました。
「何故、蒔絵を施されたものが多くあるのか。」と
不思議に思いつつ見せて頂いてきました。

帰ってから、パンフレットを読んでみると
「豊臣秀吉が禁裏修復の余材をもって修復されました。」
(禁裏 ・・・ 天皇の住居。皇居。禁中。御所。)

蒔絵といえば、豊臣秀吉の正室である北政所が
秀吉の冥福を祈るため建立した高台寺の霊屋の
厨子・須弥壇は高台寺蒔絵を施されています。

 蒔絵の物が色々あるのも不思議ではなかったと納得しました。

三千院 拝観日記2.jpg

あちらこちらの場所で
香炉で香が焚かれていたのですが、
この様にして焚かれていました。

三千院 拝観日記3.jpg

三千院 拝観日記4.jpg

【 聚碧園 】
池泉鑑賞式庭園で江戸時代の茶人
金森宗和の修築と伝えられています。

三千院 拝観日記5.jpg

様々な大きさの鯉が、泳いでいます。

三千院 拝観日記6.jpg

【 宸殿 】
御懴法講の道場です。
本尊は、伝教大師作の秘仏 薬師瑠璃光如来です。

向かって右側のお部屋の奥の間には、
玉座があります。

玉座の部屋の手前の(座っていた)部屋は、
下村観山筆の虹の間とのこと。

頭の中で、日本の建築と虹が結びつかず
虹を探せど見つけられないでいると、

なんと、
座っていた部屋の左側の襖から天井に向かって
いきよいよく虹がかかっていました。

三千院 拝観日記7.jpg

【 細波の滝 】
中国の詩人 謝霊運の「山水清音有」より命名された
池泉回遊式庭園 【有清園】に流れ落ちています。

三千院 拝観日記8.jpg

 

【 往生極楽院 】
本尊は、来迎印を結んでいる阿弥陀如来坐像
観音菩薩(左脇侍)勢至菩薩(右脇侍)
来迎の阿弥陀三尊像

平安時代の木造ですが、
金箔で金色の輝きです。

蓮台を捧げる観音菩薩と
合掌する勢至菩薩は
前屈みでひざまずいて座る
「大和坐り」をされています。

阿弥陀如来のおられる部分の天井は、
舟底型天井で、光背の一番上が
天井についているのかと思うぐらいピッタリの高さです。

阿弥陀如来は、194,5cmで
実際にも近い距離で拝ませて頂けるのですが
像が大きいのもあり、とても近くに感じとてもありがたく感じました。
三千院 拝観日記9.jpg
【 弁天池 】
三千院 拝観日記10.jpg
【 草木供養塔 】
真っ直ぐに伸びた木に囲まれた場所に
「草木供養塔」があり、左側には
「中国天台山ノ菊」が植えられていました。
三千院 拝観日記11.jpg
 
三千院 拝観日記12.jpg
【 金色不動堂 】
三千院 拝観日記13.jpg
 
【 観音堂 】

【円融蔵】 展示室には、往生極楽院の
舟底型天井画の復元模写がありました。

極彩色の来迎図です。
鮮やかな青に散華が舞い、
阿弥陀如来の背後になる上には
楽器などを奏でられる菩薩がおられました。
 
おもしろいとおもったのは、
阿弥陀如来の前の天井部分の絵は
華・燈・焼香などの菩薩がおられたことです。
勝手な解釈ですが、おまつりするお供えと同じ。
お供えをする大事さを再認識するようでした。


--------------------------------------------------
■ 「三千院」 公式サイト ≫
--------------------------------------------------

【三千院の「金色不動明王 御開扉 拝観」はこちら。








このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。